ここから本文です

バルセロナ指揮官のシステム変更に不満!? ジョルディ・アルバ、マンU行きの噂が浮上

3/23(木) 22:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

[3-4-3]へのシステム変更で出場機会減

バルセロナの指揮官ルイス・エンリケは、UEFAチャンピオンズリーグ・ラウンド16のパリ・サンジェルマン戦に向け、システムを伝統の[4-3-3]から[3-4-3]に変更した。これが功を奏して奇跡の準々決勝進出を遂げたのだが、その後の2試合でも新布陣で臨んでいる。そこでポジションが無くなったことで不動の左サイドバックだったジョルディ・アルバの出場機会が減少し、移籍の噂が漂い始めた。

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、ジョルディ・アルバとの契約を望んでいると英『Manchester Evening News』が伝えている。現在、ユナイテッドは左サイドバックのファーストチョイスが定まっておらず、マッテオ・ダルミアン、マルコス・ロホ、ダレイ・ブリント・ブリント、ルーク・ショーらが起用される状況となっている。

ユナイテッドの状況に加え、ルイス・エンリケのシステム変更に不満を持っていることから、バルセロナからの離脱が近づくと報じるも、スペイン『as』は冷ややかで、実現可能なオプションとなっているわけではなく、ジョルディ・アルバは今後もバルセロナをサポートすると見ている。果たしてジョルディ・アルバはバルセロナを離れ、活躍の場をイングランドに移すことになるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp