ここから本文です

瑛太、TBS連ドラ初主演で探偵役に! 深田恭子、森田剛、山口智子ら豪華共演

3/23(木) 6:00配信

クランクイン!

 俳優の瑛太が、7月スタートの新ドラマ『ハロー張りネズミ』(TBS系/毎週金曜22時)にて、TBS連ドラで初主演を務めることが分かった。原作は「島耕作シリーズ」でお馴染みの弘兼憲史の同名マンガで、人情モノやサスペンスをはじめ、企業モノや超常現象に至るまで幅広いテーマを扱い、大人気を博した不朽の名作。共演は深田恭子、森田剛、山口智子ら豪華キャスト陣が集結する。

【関連】「瑛太」フォトギャラリー


 本作は、東京・板橋区に佇む「あかつか探偵事務所」の面々が繰り広げる変幻自在な探偵ドラマ。通称“ハリネズミ”の馬鹿でスケベながら、人情に厚く感の鋭い所員・七瀬五郎(瑛太)、相棒の木暮久作(森田)、所長の風かほる(山口)など、個性あふれるメンバーが登場。また今回、映画『モテキ』『バクマン。』などヒット作を手掛けた大根仁が、ゴールデン・プライム帯ドラマの脚本・演出を初めて担当する。

 主演の瑛太は役どころについて、「僕自身馬鹿でスケベなところも含めて原作のキャラクターに共感しています(笑)」と話すも、幼い頃に憧れていた「『探偵物語』や『傷だらけの天使』を見ていたように、若い方たちにも『かっこいいな』と思ってもられば」と胸の内を明かす。

 ある事件をきっかけに五郎と知り合うミステリアスな美女・四俵蘭子を演じる深田は、プロデューサーから「今作で新しい深田恭子像を見せたい」と言われたようで、「大根監督の作品は男性の気持ちを代弁というか、どこか少年ぽさや青春や懐かしさを感じられます。女性に対してどのような演出をされるのか、今からドキドキ」と、思いを述べている。

 瑛太と初共演の森田は「役柄同様、良き相棒として全力でサポートしていきたい」と話し、山口は「スカっと壮快、且つ、ヒューマンなドラマに挑んでいきたい」と意気込みを語っている。

 TBS金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』は、7月より毎週金曜22時より放送。

最終更新:3/23(木) 6:00
クランクイン!