ここから本文です

京都・二条城での桜のライトアップに日産リーフが電力供給

3/23(木) 16:24配信

オートックワン

日産が電気自動車のリーフで京都を代表する元離宮二条城の夜桜をライトアップ演出。

日産は、世界遺産であり京都を代表する桜の名所の元離宮二条城で、3月24日(金)~4月16日(日)まで開催される『二条城桜まつり2017-桜の宴- Directed by NAKED』に協賛することを発表した。

このニュースのフォトギャラリー

二条城桜まつりでは、パワーコントロールシステム(ニチコン社製 EVパワー・ステーション)を使った電力供給システム「LEAF to Home」を活用し、100%電気自動車「リーフ」の駆動用大容量リチウムイオンバッテリーに蓄えた電力により、桜のライトアップ演出を行う。

今年は京都市初の試みプロジェクションマッピングも

元離宮二条城は、毎年、桜のライトアップに約7万人が訪れる京都でも有数の桜の名所。また、今年は大政奉還150周年の記念の年でもあり、国内外から多くの観光客が集まることが期待される。本年の二条城桜まつりは、京都市として初の試みとなる、ストーリー性のあるライトアップ、プロジェクションマッピングによる演出も行われる。

電気自動車は、稼働中・走行中に二酸化炭素や窒素酸化物、硫黄酸化物を全く排出しないとてもクリーンなクルマである。ライトアップに活用する"LEAF to Home"は、動作音が極めて静かであるため、二条城の静粛さと厳粛さに融合する。また、CO2排出ゼロの電気自動車を利用することにより、地球温暖化や酸性雨などの悪影響を抑制し、顕著な普遍的価値をもつ建築物である世界遺産を劣化・腐蝕から保護することにもつながる。

"LEAF to Home"は、日産リーフから電力を供給するだけではなく、夜間電力や太陽光発電を使って「リーフ」に充電し、蓄えた電気を日中の電力需要が高まる時間帯に使用することで、電力消費のピークシフトに貢献するとともに、停電時や非常時などには、バックアップ電源としても活用できるという特徴がある。

二条城桜まつり2017 -桜の宴- Directed by NAKED 開催概要

開催期間:3月24日(金)~4月16日(日)

ライトアップ:18時~21時(21時30分 閉城)※ライトアップ時は観覧エリアが限定される

主催:京都市

お得情報!

4月の週末6日間、日産リーフとライトアップされた桜を手持ちのスマートフォン等で撮影し、自身のSNS(Facebook、Instagram、Twitter)へハッシュタグ「#日産リーフ二条城」または「#NissanLEAF_Nijojo」)を付けて投稿※すると、各日先着で300名に「桜の宴」「京の老舗名産品展」にて利用できるクーポンをプレゼント。

※日産自動車株式会社が投稿された画像を使用する場合は、投稿された内容を引用する形で使用する。また、投稿画像は日産自動車株式会社が出稿する媒体、その他WEBやFacebookページ等のSNSに使う可能性アリ。

最終更新:3/23(木) 16:24
オートックワン