ここから本文です

ウクライナで弾薬庫爆発、2万人避難 「破壊工作」と軍

3/24(金) 8:28配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【3月24日 AFP】ウクライナ東部バラクリヤ(Balakliya)にある弾薬庫で23日未明、複数の爆発と大規模な火災が起きた。軍は「破壊工作」が出火原因という見方を示している。

 現場の倉庫にはミサイルや弾薬が保管されていた。23日午後の時点で、半径10キロ以内に暮らす住民2万人が避難。現場では火災が続いており、当局は鎮火に最長1週間かかる恐れもあるとしている。

 バラクリヤは、親ロシア派が拠点とするドネツク(Donetsk)から約100キロ離れた場所にある。軍当局は、爆発が始まる前、ドローン(小型無人機)が飛んでいるような音がしていたという複数の証言があることを明らかにした。

 インタファクス・ウクライナ(Interfax-Ukraine)通信がステパン・ポルトラク(Stepan Poltorak)国防相の話として伝えたところによると、当局は「ドローンから投下された爆発装置」が火災を引き起こした可能性を調べているという。(c)AFPBB News

最終更新:3/24(金) 8:28
AFPBB News