ここから本文です

ロシア元議員を白昼射殺 ウクライナ、「国家テロ」と非難

3/24(金) 8:49配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【3月24日 AFP】ウクライナの首都キエフ(Kiev)で23日、ロシアの元議員でウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)政権に批判的だったデニス・ボロネンコフ(Denis Voronenkov)氏(45)が白昼、銃撃を受けて死亡した。ウクライナ政府は、ロシア政府による「国家テロ」と非難。ロシア側は、事件に衝撃を受けており、ウクライナの指摘は「ばかげている」と一蹴した。

 キエフ警察署長によると、事件は午前11時半(日本時間午後6時半)ごろ発生。ボロネンコフ氏は腹部と首の3~4か所を撃たれた。銃撃をきっかけに同氏のボディーガードと犯人の男が撃ち合いになり、両者共に負傷。検事総長の報道官がAFPに明かしたところによると、犯人はウクライナ旅券を携行しており、後に死亡した。

 ボロネンコフ氏はロシアを離れて以降、2014年のロシアによるクリミア(Crimea)編入を公に批判するようになった。昨年12月にウクライナ市民権を取得し、先月にはウクライナメディアに対し、ロシア治安当局から繰り返し脅迫を受けていると告白していた。映像はボロネンコフ氏の殺害現場。(c)AFPBB News

最終更新:3/24(金) 8:49
AFPBB News