ここから本文です

爆安・小型プリメインアンプが待望の再登場! FX-AUDIO-「FX1002J」

3/24(金) 12:31配信

Stereo Sound ONLINE

FX1002Jは内部回路を刷新し高音質化を狙った

 ノースフラットジャパンのオーディオブランドFX-AUDIO-から、プリメインアンプ「FX1002J」の再販がアナウンスされた。価格は8480円(税込)。

 新型FX1002Jは、STマイクロエレクトロニクス社製のデジタルパワーアンプIC「TDA7498E」を搭載し、最大出力160W×2(4Ω)を発揮する。接続端子はアナログ音声入力1系統(RCA)のみというシンプルなモデルだ。

 もともとFX1002J(旧型)は、2015年に登場しロングセラーとなっていた。長らく欠品が続いていたが、3月23日に再販されることとなった。この再販分、つまり、新ロット分より内部回路を刷新する“フルモデルチェンジ”が行なわれた格好だ。カラーはブラック、シルバーに、ブロンズゴールドが加わって3色を揃える。

 今回のモデルチェンジでは、「SLOW CHARGING回路」を新たに採用した。電源部への突入電流を抑える本回路を加えることで、電源デカップリングコンデンサーの大容量化と低インピーダンス化が可能となり、電源の安定性と音質向上を実現しているという。

 また、同ブランド初となるハイレゾ対応USB DAC「FX-01A」が3月17日に登場した。価格は3380円(税込)。

 FX-01Aは、DACチップにバーブラウン「PCM5102A」を採用し、ハイレゾ音源は最大PCM 96kHz/24bitの再生をサポート。入力信号のサンプリングレートをひと目で確認できるLEDインジケーターも装備している。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:3/24(金) 12:31
Stereo Sound ONLINE