ここから本文です

千葉・三石山で65歳男性滑落死か 知人と登山中 /君津

3/24(金) 11:51配信

千葉日報オンライン

 千葉県君津市草川原の三石山(282メートル)で22日午後3時10分ごろ、登山中の東京都西東京市東伏見4、自営業、三輪春雄さん(65)が崖下に滑落したと、一緒にいた知人男性が妻を通じて110番通報した。

 駆け付けた君津市消防が崖下で三輪さんを発見。三輪さんは病院に搬送されたが、頭などを強く打っており同日夜死亡した。君津署で詳しい原因を調べる。

 同署によると、三輪さんは知人男性とロープや柵などがない幅約40~50センチの道を歩いていたという。山頂から南東方向の崖下約30メートル地点で発見された。

 同市観光協会亀山支部の松下広明元支部長(55)は「三石山は登山道から外れると難所がある。(標高が)低いと思って軽装備で登ると危険」と指摘した。

 同市のホームページなどによると、同山は山頂に大きな三つの石があることから名付けられた。室町時代開山と伝わる真言宗寺院「三石山観音寺」はパワースポットとして知られ、シドニー五輪女子マラソン金メダリスト、高橋尚子さんが同寺のお守りを持っていたとされ話題となった。

 県内では15日にも、富津市の鋸山(329メートル)で、登山中に滑落したとみられる高齢男女の遺体が見つかっている。