ここから本文です

香港が治安を理由にパキスタン戦を棄権 [デビス杯テニス]

3/24(金) 14:00配信

THE TENNIS DAILY

 香港は来月、パキスタン・イスラマバードで行われる予定だったデビスカップ・グループ2・2回戦の対パキスタン戦を、治安に関する懸念を理由に挙げて棄権することを決めた。

 国際テニス連盟(ITF)は香港の決断を「遺憾に思うとともに、敬意を持ちつつも同意できない」との見解を表明した。

 デビスカップ委員会は、4月7日から9日に行われるデ杯の会場を首都のパキスタン・スポーツ・コンプレックスに決めていた。同国は2月の対イラン戦も同じ場所で行っていた。

 対香港戦が不戦勝となった今、パキスタンは3回戦でフィリピンかタイと対戦する。

 ITFは香港の試合放棄が違反を犯したことになるか否かを見定めるため、ITFの裁決委員会がこの一件を審議検討することになる、とも述べた。

 パキスタンの過激派はここ10年にわたりパキスタンで数々の攻撃を実施し、警察や準軍事組織隊員を含めて何千という人々を殺害してきた。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

最終更新:3/24(金) 14:00
THE TENNIS DAILY