ここから本文です

マテック サンズがスビトリーナに対し番狂わせ [マイアミ/女子テニス]

3/24(金) 16:00配信

THE TENNIS DAILY

 アメリカ・フロリダ州マイアミで開催されている「マイアミ・オープン」(WTAプレミア・マンダトリー/3月21日~4月1日/賞金総額769万9423ドル/ハードコート)の女子シングルス2回戦で、ベサニー・マテック サンズ(アメリカ)が第9シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)を7-5 6-4で倒し、2015年以来のトップ10に対する勝利を記録した。

マテック サンズとサファロバが2度目の女子ダブルス・タイトル獲得 [全豪オープン]

 木曜日に32歳となったマテック サンズはシングルスの世界ランキングでは158位に過ぎず、今大会の本戦に出場するためにワイルドカード(主催者推薦枠)を必要としていた。ダブルスでの彼女は現在、世界1位につけている。

 スビトリーナに対する試合でマテック サンズは、直面した15のブレークポイントのうち12ポイントで危険を回避することに成功していた。

 一方、マテック サンズと組んだダブルスでここ2回(2016年全米、2017年全豪)のグランドスラム・ダブルスを制しているルーシー・サファロバ(チェコ)は、第23シードのダリア・ガブリロワ(オーストラリア)を6-2 6-2で下して3回戦に進出した。

 2015年全仏準優勝のサファロバは現在36位。つまり、今大会はぎりぎりシードを逃している。サファロバはガブリロワのサービスを5度ブレークし、自分のサービスは一度しか落とさなかった。

 そのほかの試合では、昨年の全米準優勝者で第2シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)が86位のマディソン・ブレングル(アメリカ)を6-1 6-3、約1時間の試合で問題なく下し、やはり3回戦に駒を進めた。

 キルステン・フリプケンス(ベルギー)は第29シードのアナ・コニュ(クロアチア)を7-6(4) 6-7(6) 6-2で退けた。

 この日、勝利をおさめたシードの中には、第4シードのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)、第5シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)、第12シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、第17シードのアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)、第26シードのミルヤナ・ルチッチ バローニ(クロアチア)、第27シードのユリア・プティンセバ(カザフスタン)、第30シードのジャン・シューアイ(中国)らがいる。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: INDIAN WELLS, CA - MARCH 16: Bethanie Mattek-Sands and Lucie Safarova of Czech Republic play Martina Hingis of Switzerland and Yung-Jan Chan of Chinese Taipei during the BNP Paribas Open at the Indian Wells Tennis Garden on March 16, 2017 in Indian Wells, California. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

最終更新:3/24(金) 16:00
THE TENNIS DAILY