ここから本文です

<補助金不正取得>佐久間市議が議員辞職 /成田

3/24(金) 13:33配信

千葉日報オンライン

 「成田市指定無形民俗文化財保存団体連絡会」が市の補助金を不正に取得していた問題で、会長を務めていた佐久間一彦市議(48)が23日、議員辞職した。伊藤竹夫議長に同日、辞職願が提出され、市議会本会議で許可された。

 佐久間氏は会長として同連絡会の資金を管理。市が2013年度から3年間に交付した補助金計150万円について、報告書に虚偽の記載をして約50万円を不正取得したとして、業務上横領の疑いで市から刑事告発されていた。

 同市議会事務局によると、「一身上の都合」として辞職願を提出し、議会には出席しなかった。

 佐久間氏は問題発覚後、千葉日報社の取材に「数字上のつじつまを合わせるためにやった。迷惑を掛けたが、流用はしていない」などと話していた。