ここから本文です

19歳ティアフォーが対フェデラーの2回戦へ [マイアミ/男子テニス]

3/24(金) 18:00配信

THE TENNIS DAILY

 アメリカ・フロリダ州マイアミで開催されている「マイアミ・オープン」(ATP1000/3月22日~4月2日/賞金総額699万3450ドル/ハードコート)の男子シングルス1回戦でコンスタンティン・クラフチュク(ロシア)を7-5 5-7 6-1で下した19歳のフランシス・ティアフォー(アメリカ)にとって、今、ことはより骨の折れるものになるだろう。彼は次の2回戦で、18度グランドスラム大会を制したロジャー・フェデラー(スイス)と対戦するのだ。

昨年準優勝の錦織がマスターズ初の第2シードに [マイアミ・オープン]

 ティアフォーはこの日12本のサービスエースを決め、32歳のクラフチュクのサービスゲームで14本ものブレークポイントを手にし、そのうち5本をものにした。これはティアフォーにとって、グランドスラムやマスターズ・レベルの大会におけるキャリア3度目の勝利となる。今大会のティアフォーは、予選を勝ち上がっての本戦出場だ。

 一方クラフチュクは、今季の成績を7戦全敗に悪化させた。

 ティアフォーは世界ランキング101位で、クラフチュクは103位だが、第4シードで元ナンバーワンのフェデラーが相手の試合となれば、言うまでもなく競技レベルが急上昇する。

 そのほか行われた男子シングルス1回戦では、ホレイショ・ゼバロス(アルゼンチン)がガスタン・エリアス(ポルトガル)に6-7(2) 6-2 7-5で逆転勝ちし、第1シードのスタン・ワウリンカ(スイス)が待つ2回戦へ駒を進めた。ワウリンカは日曜日のインディアンウェルズ決勝でフェデラーに敗れていた。

 アドリアン・マナリノ(フランス)は予選を勝ち上がったベンジャミン・ベッカー(ドイツ)を7-6(6) 6-3で下し、2回戦で第32シードのパオロ・ロレンツィ(イタリア)と対戦する。

 ボルナ・チョリッチ(クロアチア)はマルセル・グラノイェルス(スペイン)に7-6(6) 4-6 6-3で辛勝。トミー・ロブレド(スペイン)はニコラス・バシラシビリ(グルジア)を3-6 6-4 6-2で退けた。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: KEY BISCAYNE, DE - MARCH 23: Frances Tiafoe returns a shot against Konstanin Kravchuk of Russia during Day 4 of the Miami Open at Crandon Park Tennis Center on March 23, 2017 in Key Biscayne, Florida. (Photo by Al Bello/Getty Images)

最終更新:3/24(金) 18:00
THE TENNIS DAILY