ここから本文です

WBC躍動のソフトBデスパイネ、“お得意様”の新天地でも大暴れなるか

3/24(金) 22:23配信

Full-Count

ロッテから移籍、ソフトバンク戦は昨季10発「昨日の敵は今日の友」

 2月11日、昨年まで千葉ロッテで3年間プレーしていたアルフレド・デスパイネ外野手の福岡ソフトバンクへの入団が発表された。V奪回が今季の至上命題となる福岡ソフトバンクにとっては、心強いニュースとなった。内川聖一内野手、柳田悠岐外野手、松田宣浩外野手、中村晃外野手、長谷川勇也外野手、新外国人のカイル・ジェンセン内野手に加えてデスパイネ外野手とリーグ屈指の強力打線が予想される。まさに「昨日の敵は今日の友」という形だ。

期待の若手を多数輩出、ソフトバンクここ10年のドラフト指名選手一覧

 逆に千葉ロッテにとって、デスパイネの抜けた穴は大きい。昨年はチーム不動の4番打者として自身初の規定打席に到達し、チームトップの24本塁打、92打点とその存在感を発揮した。中でも本塁打は際立っており、チーム本塁打の80本塁打中、1/4ほどがデスパイネだっただけに、長距離打者として入団したマット・ダフィー内野手、ジミー・パラデス内野手の両外国人の活躍が期待される。

 福岡ソフトバンクにとって、デスパイネの加入は非常に心強い。昨年のデスパイネの打撃データを見ると、球団別成績で対福岡ソフトバンク戦は打率.233。打率こそ低いが、本塁打数は球団別で一番多い10本塁打だ。さらに福岡ソフトバンクの本拠地・ヤフオクドームでの成績は45打数14安打の打率.311。本塁打は8本と福岡ソフトバンク戦での10本塁打中、8本塁打がヤフオクドームで放ったものだった。

 しかもヤフオクドームでの11試合で、ノーヒットに終わったのは5月10日の試合のみ。中でも8月26日の試合では3対11、翌27日の試合では3対14と大敗する中でデスパイネ選手は26日に相手先発・和田投手から2本塁打、27日も4回に千賀滉大投手から本塁打と孤軍奮闘した。昨年のヤフオクドームでは長打率.889(シーズンは.480)。OPSは1.229(同.841)と抜群の相性を見せている。

ヤフオクドームで強さを誇ったデスパイネ、WBCはキューバの主軸で活躍

 さらにヤフオクドームが舞台となった10月のCSファーストステージ第1戦。チームは3対4と敗れたが、デスパイネは初回に先発・千賀投手、9回に守護神・サファテ投手からそれぞれ本塁打を放っている。デスパイネのヤフオクドームでの活躍ぶりを見ると、福岡ソフトバンクファンとしては大いに期待したくなるのではないだろうか。

 また、パ・リーグの他球団から福岡ソフトバンクに入団した外国人バッターを振り返ると、2009年のホセ・オーティズ(前年の所属先・千葉ロッテ)。11年のアレックス・カブレラ(前年の所属先・オリックス)、14年の李大浩内野手(前年の所属先・オリックス)がいる。オーティズは09年のシーズン途中に入団し、2年連続で20本塁打以上をマーク。西武時代には2年連続50本塁打とその長打力を期待されたカブレラだったが、11年は10本塁打、翌12年はわずか1本塁打と期待外れに終わった。そして、記憶に新しい李大浩は中軸を任され、チームの2年連続日本一に大きく貢献。特に東京ヤクルトと対戦した15年の日本シリーズでは内川聖一の戦線離脱で4番に座り、打率.500、2本塁打でシリーズMVPを受賞している。

 アメリカ代表の優勝で幕を閉じた第4回WBCでは、キューバ代表の主軸として活躍したデスパイネ。今後は新天地・福岡に戦いの場を移し、相性の良いヤフオクドームで昨年のような打棒を発揮できるか。その活躍が大いに注目される。

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

「パ・リーグ インサイト」武山智史●文

最終更新:3/24(金) 22:36
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(土) 10:25