ここから本文です

人手不足が収益圧迫 中小の人件費増、石川県中央会調査

3/24(金) 2:14配信

北國新聞社

 石川県中小企業団体中央会が県内58の業界団体に対して実施したコストに関する調査によると、全体の55・6%が「上昇している」と回答し、「低下している」はゼロだった。人手不足に伴う人件費の増加が最も多く、同会は「中小企業にとって価格転嫁は容易でなく、足かせになると懸念される」とした。

 業種別に「上昇」と答えた比率を見ると、製造業は60・9%、非製造業は50・0%だった。人件費がかさむとした回答は、製造業では窯・土石製品や鉄鋼・金属製品、非製造業では運輸や旅館・ホテルなどで見られた。燃料費の高騰をコスト増の要因に挙げたケースもあった。

 同会がまとめた2月の景気動向指数(DI)調査では、売上高や収益状況など4項目が前月比で改善した一方、業界の景況や資金繰りなど5項目が悪化した。

北國新聞社

最終更新:3/24(金) 2:14
北國新聞社