ここから本文です

市街地を200km/h超で駆け抜ける!無限、2017年マン島TTレース参戦マシン“神電 六(SHINDEN ROKU)”発表

3/24(金) 17:04配信

オートックワン

無限(株式会社M-TEC)は、2017年5月27日(土)~6月9日(金)にマン島で行われる2017年マン島TTレース TTゼロチャレンジクラス※へ「TEAM MUGEN」として参戦することを発表した。

このニュースのフォトギャラリー

同社における電動バイクでのTTレースへの参戦は、若手エンジニアの育成と新たな分野への開発を目的として2012年より始動している独自のプロジェクト。参戦3年目となる2014年に優勝を果たし、その後TEAM MUGENの優勝記録は今もなお継続している。

今年、2017年に参戦するマシンは、昨年のマン島TTレース TTゼロチャレンジクラスで優勝を果たしたモデル「神電 伍(SHINDEN GO)」にさらなる性能の向上を施した「神電 六(SHINDEN ROKU)」。

※マン島TTレース(The Isle of Man Tourist Trophy Race)TTゼロチャレンジクラス

マン島TTレースとは

マン島TTレースとは、イギリスとアイルランドの間にある淡路島程の大きさの“マン島”で1907年から開催されている、市街地、住宅街、山間部を含む1周約60kmの一般公道コースをタイムトライアル形式で走行する(現存するレースとしては)世界最古の高速オートバイレースのこと。

第二次世界大戦終結後の1947年からは世界グランプリロードレース選手権として再開され、日本の二輪メーカーやライダー達が果敢にチャレンジしたことが、今日世界に大躍進した日本の二輪産業の繁栄の基盤となった。

TTゼロチャレンジクラスはクリーンエネルギー時代の将来を見据えて2009年から新たにスタートしたカテゴリーで、CO2を排出しないクリーンエミッション機構を動力に持つことが定められている。

一般的なレシプロエンジンでのレースクラスは1レースで3周から6周するところ、TTゼロチャレンジクラスはバッテリー性能と容量の兼ね合いから、現在1周約60kmのみのレースとなっている。

参戦体制

チーム名:TEAM MUGEN

ライダー:ジョン・マクギネス (John McGuinness)/ガイ・マーチン (Guy Martin)

監督:宮田明広 (Akihiro Miyata)

参戦車両

車両名:神電 六(SHINDEN ROKU)

全長 / 全幅 / 全高:2,125 / 680 / 1,130mm

最低地上高:130mm

シート高:810mm

車両重量:248kg

タイヤ(前):120/70ZR17M/C (58W)

タイヤ(後):200/55ZR17M/C (78W)

フレーム:CFRP製モノコックフレーム

モーター形式:油冷式三相ブラシレスモーター

最高出力:120kW[163.2ps]

最大トルク:210N・m[21.4kgf・m]

バッテリー仕様 : ラミネート形 リチウムイオンバッテリー

バッテリー出力電圧:370V以上

最終更新:3/24(金) 17:04
オートックワン