ここから本文です

「S-TRAIN」出発進行! 通勤・行楽「変身」列車 元町・中華街~西武秩父間

3/25(土) 9:45配信

乗りものニュース

「S-TRAIN」、平日と土休日で「別の顔」

 平日と土休日で“姿”が異なる新しい列車「S-TRAIN」が2017年3月25日(土)、運行を開始しました。

【写真】「S-TRAIN」西武40000系電車の車内

「S-TRAIN」は平日、いわゆる「通勤ライナー」として西武池袋・有楽町線と東京メトロ有楽町線を直通。埼玉県の所沢駅と東京都江東区の豊洲駅を連絡しますが、土休日は「行楽列車」として、西武鉄道と東京メトロ、東急電鉄、横浜高速みなとみらい線を直通。沿線と埼玉の秩父、神奈川の横浜といった行楽地、また新宿や渋谷、自由が丘などの街を結びます(運行区間は元町・中華街~西武秩父など)。

 従来から、そのように西武~東京メトロ間、西武~東京メトロ~東急~みなとみらい線間を直通する列車は走っていますが、この「S-TRAIN」は「有料座席指定制」なのが大きな特徴。東急電鉄横浜駅の岸 哲也駅長によると、確実に座っていける「価値」があるとのこと。

 また岸駅長はあわせて、将来の“生き残り”のため鉄道会社が連携して利便性や価値の向上を図ることの必要性にも言及。東京メトロの広報担当者も、「ライバルというより協力関係です。こうして利便性を向上させ、お客さまに提供して行いければ」と話します。

さらに「姿」を変えられる「S-TRAIN」 コンセントも装備

「S-TRAIN」は平日と土休日における需要の変化に応じ、車両を使い分けているのが特徴のひとつですが、その“姿”はさらに変わります。「S-TRAIN」に使用される西武40000系電車は、座席の向きをレールと平行な「ロングシート」と、進行方向を向いた2人掛けの「クロスシート」で切り替ることができ、ロングシートが並ぶ全車自由席の“典型的な通勤列車”として使うことも可能。“環境”に合わせて、「通勤ライナー」「行楽列車」、そして「通勤電車」にも“変身”します(有料座席指定列車「S-TRAIN」として運行する場合はクロスシート状態)。

 なお「S-TRAIN」に使われる西武40000系電車は10両編成で、座席がおもに「クロスシート」状態のときに利用できるコンセントが2席にひとつ用意されているほか、フリーWi-Fiも装備。元町・中華街~西武秩父間の所要時間は2時間以上になるため、トイレが用意されているのもポイントです。

 有料座席指定列車「S-TRAIN」への乗車には運賃のほか指定料金が必要で、元町・中華街~西武秩父間は1060円、飯能~みなとみらい間は860円、所沢~有楽町間は510円などです(大人の事前購入料金)。

 ちなみに、元町・中華街発の西武秩父行き、飯能発の元町・中華街行き「S-TRAIN」一番列車は、それぞれ満席だったそうです。

恵 知仁(鉄道ライター)