ここから本文です

「主食はどん兵衛」「母の医療費と弟の学費…」 ファッション誌の着回しコーデが貧乏すぎ? 狙いを聞いた

3/25(土) 11:00配信

BuzzFeed Japan

光文社が刊行している女性ファッション誌「CLASSY.(クラッシィ)」。

同誌4月号の特集「GUでトレンドお試しの3月着回しDiary」がネット上で話題になっている。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

気づけばこんなに…。休刊した懐かしの雑誌たち

「主食はどん兵衛」「母の治療費、弟の学費」…設定が貧乏すぎる?

1カ月着回しコーディネイトは、上下数着の洋服と数点の小物の組み合わせの工夫を提案する、女性ファッション誌の名物企画。モデルが演じる架空の人物は高価なディナーを楽しむなど「リア充」の設定がほとんどだ。

そこに登場するモデルの設定が「貧乏すぎる」と話題を呼んでいるのだ。

今回登場するのはデザイン事務所に勤めるグラフィックデザイナーの陣野薫子(29)。プロフィール欄にはこうある。

「一見オシャレではあるが、入院中の母の治療費や弟の学費を負担しているため、支出を切り詰めた生活を送る。6畳一間のアパート暮らしで主食はどん兵衛。玉の輿に乗るという密かな願いを胸に秘める29歳」

これに対し、「生々しい…」「コーデどころの話じゃない!」という声が上がった。

なぜここまでリアリティがある設定なのか? BuzzFeed Newsは意図を聞くために、CLASSY.編集部を訪れた。

貧乏設定の狙いを聞く

今泉祐二編集長が答える。

「まず、今月はどのようなコーディネイト特集を組むか、ベースとなるお題を決めるんです。それで『今回はGUでいこう』と決まりました」

※GU=UNIQLOなどを展開するファーストリテイリング社のブランドのひとつ

「GUは低価格ながらもクオリティの高い服。それをどのような人が求めて買うのだろうかを考えた上で、『緊急でお金を貯めないといけない人』という設定にしたんです」

また、そこにはファッション業界の変化も反映されているという。

「服にお金をかける人は確実に少なくなっています。他誌では『GUでよくない?』という特集も組まれるくらい。そういう、いまの女性たちのファッションに対する感覚は意識していますね。数年前だったら絶対にやらない特集ですね」

1/2ページ

最終更新:3/25(土) 15:52
BuzzFeed Japan