ここから本文です

アーセナルでもチリ代表でもイライラ止まらない…… 不満爆発のサンチェスに英紙「同じことしてる」

3/25(土) 12:01配信

theWORLD(ザ・ワールド)

不満溜まる敗北続く

今季前半戦は得点を量産してハッピーな姿を見せていたアーセナルFWアレクシス・サンチェスは、ここ最近不満そうな態度ばかり見せている。最も目立ったのはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でバイエルン相手に大敗を喫した時で、この試合では大敗しているにもかかわらずベンチで笑顔を見せたことに批判の声も挙がった。

アーセナルは5人も…… 英メディアが選ぶ”2017年不調の11人”

そしてそのフラストレーションは代表の舞台でも続いた。チリ代表のサンチェスは23日に2018ロシアワールドカップ南米予選でアルゼンチン代表と対戦し、0-1で敗れてしまった。試合終了時にサンチェスは悔しさからシャツを捲り上げ、何かを叫んでいた。英『Daily Mail』は「アーセナルでもチリ代表でも同じようなことをしている」と伝えており、サンチェスにとって2017年のスタートは苦いものになってしまっている。

英『METRO』によると、こうしたサンチェスの態度についてアーセナルのチームメイトであるアレックス・イウォビは、サンチェスが他の選手よりも勝ちたいとの思いが表に出やすいと語っており、悪いものではないとの考えを示している。

「彼はチームのみんなと同じように常に勝ちたいんだ。恐らく彼はそれを他の選手よりも見せてしまう。でもそれは他の選手も同じで、僕たちは常に勝ちたい。そのためにベストを尽くすんだ。彼のは勝利へのメンタリティだ。チームのみんなが嫌がるものじゃないよ。僕たちはそうした選手を抱えていることを嬉しく思っている」

サンチェスにとってはクラブでも代表でも苦しい時期が続いており、最近は笑顔で喜ぶ姿があまり見られない。今季終了後にはアーセナルを離れるとも言われているが、サンチェスが再び最高の笑顔を見せるのはいつになるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/