ここから本文です

サンシャイン池崎、MC転向の可能性を指摘される

3/25(土) 16:00配信

AbemaTIMES

 21日、お笑いコンビ・ニューヨークの嶋佐和也、屋敷裕政、K-1ファイターの武尊がMCを務めるトーク番組『アベマショーゴ ~キテる人フカボリSHOW~』で、ゲストのR-1ぐらんぷりファイナリスト・サンシャイン池崎が、斎藤工にネタを指導した際のエピソードを披露した。

 今でこそ飛ぶ鳥を落とす勢いの池崎だが、ニューヨークの2人にとっては「サンシャイン池崎さんのこと、当然みんな知っているんだろうな、という感覚だった」「昔からずっと面白かった」という大先輩。しかし、武尊が「年末、俳優の斎藤工さんが(『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』で)ネタを完コピしているのを見て、池崎さんの存在を知りました」と語ったように、そのころから人気に火が点いた。サンシャイン池崎は斎藤のラジオ番組に出演するなど交流があり、「実際に“イェーイ!”の言い方や表情の作り方を指導した」とのこと。「“空前絶後”って、意外と難しいみたい」と、実は斎藤が努力の末に獲得した完コピであることをほのめかせた。

 『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』では、『笑ってはいけない……』以外でもサンシャイン池崎の特集回が放送され、映画評論家の有村昆やタレントのJOYらがモノマネを披露。サンシャイン池崎が「何がきっかけでこうなる(ブレイクする)のか本当にわからないと思った」と語ると、ニューヨークの2人も「モノマネから世の中に広がる珍しいパターン」と分析。ブームはすでに一人歩きしており、サンシャイン池崎いわく、あの特徴的なコスチュームについても「公式販売してないけど、(勝手に)出ていた」「『元気が出るタンクトップ』っていうのが売っていた」という。

 サンシャイン池崎は「街を歩いてる時とか、めっちゃ指刺されるようになった」「ライブでもウケが全然違う」とブレイク後の変化を実感している様子。手相占いの結果、“成り上がり線”が異常なほど伸びていることが判明し、MC転向の可能性が示唆されると、「キター」「大卒だし」と喜んでいた。

 この日は、武尊もサンシャイン池崎のネタに初挑戦。見事な「ジャ~~~スティスッ!!」を披露し喝采を浴びていた。

(AbemaTV/『アベマショーゴ ~キテる人フカボリSHOW~』より)

最終更新:3/25(土) 16:00
AbemaTIMES