ここから本文です

エジル、アーセナル愛を語る「今季終了後にクラブと話し合う、僕はここで幸せ」

3/25(土) 13:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

「ロンドンでの契約が残っている」

“アーセナルでプレイできて幸せだ”。ドイツ代表MFメスト・エジルはそのように述べ、クラブへの深い愛情を示している。

アーセン・ヴェンゲル監督率いるガナーズとの契約が来季限りとなっている左利きのテクニシャンは、レアル・マドリードへの復帰が囁かれるなど、その去就に多くの注目が集まっているが、遅々としてアーセナルとの契約延長交渉が進展を見せていないとされている。

クラブとの間に確執があるとも一部メディアに報じられたエジルだが、ガナーズへの愛は変わらないようだ。英『Evening Standard』が同選手のコメントを伝えた。

「事実として、僕はロンドンでの契約が残っているんだ。今の段階であれこれと将来について話すのは間違ってるよ。今シーズンが終われば、僕はクラブと話し合うことになると思う。僕自身はアーセナルにいられてとても幸せだし、ロンドンも好きだ」

2013年に3年間を過ごしたレアル・マドリードを退団し、破格の移籍金でアーセナルへ加入したエジル。彼の魔法の左足はガナーズのフットボールに多くをもたらしているだけに、ファンは彼の残留を心から願っていることだろう。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合