ここから本文です

女子は相生学院(兵庫)が初優勝 [全国選抜高校テニス]

3/25(土) 14:46配信

THE TENNIS DAILY

「第39回全国選抜高校テニス大会」(3月20~26日/団体戦:博多の森テニス競技場、個人戦:春日公園テニスコート、博多の森テニス競技場)は24日、男女団体決勝が行われ、女子は近畿1位の相生学院(兵庫)が九州1位の柳川(福岡)を3勝2敗で下し、初優勝を飾った。

男子は相生学院(兵庫)が東海大菅生(東京)を下して3度目のセンバツ制覇 [第39回全国選抜高校テニス]

 女子決勝より先に終了した男子決勝でも、相生学院が東海大菅生(東京)を3勝0敗で破って優勝(3度目/2011、2013、2017年)。これにより同校は、2001年大会の柳川、2006年大会の長尾谷(大阪)以来、史上3校目となるアベック優勝を果たした。

     ◇   ◇   ◇

1相生学院(兵庫) 3-2 48柳川(福岡)

S1 ○1田中李佳CP 7-6(1) 6-2 ●1宮原三奈
D1 ○3中島美夢/5久田真穂 6-16-4 ●3渡邉千桂/6東佑希乃
S2 ●2伊藤さつき 4-6 6-4 3-6 ○2松本妃那
D2 ●6田中菜冴美/7人見麗 0-6 6-7(7) ○4草野京香/5小池真優
S3 ○4古賀麻尋 6-3 6-0 ●7松葉朋夏

※一部内容に誤りがあり、訂正いたしました(3月25日、18時)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:3/25(土) 18:09
THE TENNIS DAILY