ここから本文です

ソフトB松坂が7回無安打0封! 4回以降完全投球、広島に3人継投でノーノー

3/25(土) 15:02配信

Full-Count

五十嵐→サファテとつないでノーヒットノーラン、松坂が出した走者は四球の2人のみ

 ソフトバンクの松坂大輔投手が25日、広島とのオープン戦(ヤフオクD)で圧巻の投球を披露した。18日の西武戦(メットライフ)で4回途中に右内転筋に張りを訴えて途中降板していた右腕だが、幸いにも症状は軽く、中6日で先発。7回無安打無失点、許した走者は四球で出した2人だけ。三塁すら踏ませない投球だった。ソフトバンクは7回に川島のタイムリーで1点を奪取。8回は五十嵐、9回はサファテとつないで広島相手に3人の継投でノーヒットノーランを達成し、1-0で勝利した。松坂が勝利投手となった。

【ハイライト動画】松坂ついに目覚めた…圧巻の3者連続三振

 注目の立ち上がり。この日は前回の西武戦同様、ノーワインドアップでの投球で試合がスタートした。初回、先頭の安倍への初球は134キロの真っすぐ。外角高めへ外れてボール。2球目、134キロで空振りを奪うと、最後は125キロのチェンジアップで中飛に打ち取る。続く小窪は120キロのスライダーで左飛。丸には3ボール2ストライクから四球を与えたが、新井への3球目、盗塁を狙った丸を鶴岡が刺し、結果的に3人で切り抜けた。

 2回は危なげなく三者凡退に切った。先頭の新井を136キロで遊ゴロに打ち取ると、続く松山は120キロのスライダーで三邪飛。最後はエルドレッドを、ここまでで最速となる高めへの142キロのストレートで空振り三振。この日最初の三振を奪った。

 3回は先頭のペーニャに、いきなりストレートの四球を与え、走者を背負う。だが、続く石原を三ゴロ、投手の岡田を中飛に仕留めると、安倍は高めの135キロで三ゴロ。走者を出したこの回も無失点に抑えた。

 4回も三者凡退に封じた。先頭の小窪はいきなり3ボールとしたが、見逃しのストライクを取ると、5球目の134キロで中飛。丸は追い込んでから、130キロのチェンジアップを振らせて空振り三振。新井は139キロのストレートで
遊ゴロに切って取った。

 5回も安定感ある投球を見せる。松山をフルカウントから137キロのカットボールで二ゴロ、エルドレッドも137キロのカットボールで右飛。ペーニャは追い込んでから、外角いっぱい、ボールからストライクに入ってくるカットボールで見逃し三振。この回も三者凡退に封じ、5回まで無安打投球を続けた。

 6回は圧巻の投球だった。先頭の相沢を追い込むと、インハイへの139キロで空振り三振。続く岡田は内角低めへのスライダーで空振り三振。最後は安倍を外角低めいっぱいへのカットボールで見逃し三振。三者連続三振で6回も無安打に抑えた。

 球数は91球に達していたが、7回もマウンドへ。この回はバックが右腕をもり立てた。先頭の小窪は三塁線へ痛烈なゴロを放ったが、これを途中出場の明石がダイビングキャッチで掴み、三ゴロ。続く丸は左翼へ痛烈なライナーを放ったが、今度は左翼の中村晃がジャンピングキャッチ。最後は新井の痛烈な二ゴロを本多が難しいバウンドでさばき、この回も三者凡退に仕留めた。

 7回102球を投げ、被安打ゼロ。2四球、6個の三振を奪う快投。4回以降はパーフェクト投球だった。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

最終更新:3/25(土) 18:23
Full-Count

スポーツナビ 野球情報