ここから本文です

永井豪、湯浅政明監督の『デビルマン』期待いっぱい!「めちゃくちゃ楽しみ」

3/25(土) 15:23配信

クランクイン!

 原作者・永井豪50周年を記念し、永井の代表作『デビルマン』を新作アニメとして製作する『DEVILMAN crybaby』。25日に東京ビッグサイトで開催された「Anime Japan2017」でトークイベントが行われ、永井豪と湯浅政明監督が登壇。永井が「めちゃくちゃ楽しみ」とワクワクとした思いを語った。

【関連】「Anime Japan2017」コスプレ フォト特集


 1972年に発表された日本を代表する漫画をアニメ化し、Netflixで全世界配信される本作。デビルマンの原作が持つニュアンスを最大限活かしつつ、激しいバイオレンス描写などNetflix配信ならではの表現に挑む。

 『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』と劇場公開が控える湯浅監督だが、すでに両作品を鑑賞した永井は「デビルマンのシュールな世界を作れる監督だと確信した」と絶大な信頼を寄せる。さらに『夜は短し歩けよ乙女』について「めちゃくちゃ面白い」と満面の笑みを見せ、「デビルマンが楽しみになりました。デビルマンのストーリーもかなり無理がある作品。(湯浅監督の)強引な手法で持って行くというのは、すごく合っている」と相性の良さとともに期待感を語っていた。

 「高校生の頃に原作を読んで、衝撃を受けた」という湯浅監督は、映像化するにあたって「怖い部分もあったけれど、やりたいという気持ちがあった」と強い思いを吐露。永井の止まらぬ賛辞を聞いて、「プレッシャーがかかります」と苦笑いを見せる一幕もあったが、「原作をたくさん読んで、自分が永井先生になるくらいのつもりで、永井先生が作るならこういうことをやりたいんじゃないかと考えて作りたい」と没頭する意気込みだ。

 飛鳥了と不動明の出会いから、今まで一度も描かれなかった原作漫画の結末までを描き切ることでも話題。永井は「意欲のある人がいるなら、どんな挑戦でもOK。一番力が発揮できるのは、自分の思い通りに作ること」とエール。湯浅監督が「最大のポイントは、了だと思っている」と話すと、永井も「本当の主人公は了だと、描いている後半になって自分も気づいた」と大きくうなずく。「わかってくれているなぁ」とさらに信頼感を寄せると、湯浅監督も「先生の期待に添えるようないい作品になると思っています」と宣言していた。

 『DEVILMAN crybaby』は2018年初春、Netflix全世界独占公開。

最終更新:3/25(土) 15:23
クランクイン!