ここから本文です

“幕張市”爆誕!? 千葉市長ツイートが話題 「え?千葉市だったの」

3/26(日) 11:37配信

ちばとぴ!チャンネル

12万人を超えるフォロワーのいる熊谷俊人千葉市長が3月20日、ツイッターで、「皆さん、幕張市はありません、千葉市です」と呼び掛けたことが話題となっています。

幕張新都心は千葉市美浜区に位置しますが、独立した“幕張市”だと勘違いしている人が多いことをあらためて紹介した格好。この市長ツイートを受けて、「千葉市『幕張区』と思っている方も相当数いそう」「千葉市を『幕張市』と名称変更すれば解決するんじゃ(暴言)」「寧ろ東京だと思ってました。笑」など、フォロワーたちの間でさまざまな反応が巻き起こっています。

幕張新都心の中心とも言える幕張メッセでは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックで複数の競技が実施される予定。世界中から多くの来場者が訪れるこの機会に、千葉市だと思われないまま通り過ぎられては困ります。熊谷市長は「今後も積極的な発信が必要だと感じました」と述べています。

◆「両方の良さがあって千葉市なんだよ!」

この「幕張市」問題から派生して、熊谷市長は「『幕張市誕生!』という盛大な自虐を企画して動画作ってくれる人いませんかね」と大胆提案も。

フォロワーたちも「もちろん主演は熊谷市長で」「これは4月1日に何か期待しても良い流れでしょうかw」とノリノリです。

熊谷市長の“プロット”は、「独立運動、住民投票、千葉と幕張の分断、引き裂かれたカップルそしてラブストーリー。最後は『やっぱり千葉と幕張、両方の良さがあって千葉市なんだよ!』で大団円」。

やはり幕張は千葉市内にあって、これからもずっと千葉市なのだということを広くアピールする内容に期待しているようです。

◆源頼朝が天幕を張ったので「幕張」-の言い伝えも

熊谷市長は幕張をめぐり多くの意見が寄せられたことに感謝。

最後に、幕張の地名の由来について「『馬加(まくわり)』と呼ばれ、源頼朝が立ち寄った際、天幕を張ったので『幕張』になったという言い伝えもあります」と一説をツイート。

「青木昆陽がサツマイモの栽培に成功した地でもあり、歴史ある幕張の知名度が高いことは嬉しいことです」とも述べています。

ツイッターをきっかけに、多くの人が千葉市の歴史や地名の由来に関心を持つ良い機会になったのではないでしょうか。そして、来る4月1日(エイプリルフール)にも期待です!!