ここから本文です

グローバルファストフードチェーンが提供する「ご当地メニュー」17選

3/26(日) 20:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

世界のすべての人に受け入れられるファストフードのメニューは存在しない。世界中に数千店舗を展開するような大手ファストフードチェーンであっても、地元の人々の好みに合わせてオリジナルメニューの開発を行ってきた。

【画像付の詳しい記事は、コチラからご覧いただけます】

そこで、世界各地のメニューの中から、アメリカでは味わえないユニークなものを集めてみた。イタリアの「 ヌテラ・バーガー」から、フィリピンの「フライドチキンとスパゲッティのセット」まで、世界中の味をどうぞ。

ピザハットの「チキンティッカピザ」(インド)

ピザハット・インドの看板メニュー。

もちもちで柔らかいピザ生地の上に、チキンティッカ、赤ピーマン、赤玉ねぎがトッピングされている。

バーガーキングの「スパム&チーズ」(日本)

スパイシーポーク、ピクルス、チーズ、マヨネーズ、レタスが小麦のパンにはさまった朝食用バーガー。

KFCの「ジンガーダブルダウンマックス」(韓国)

パンのことなんて忘れてしまおう。韓国KFCは、ハッシュドポテト、ベーコン、チーズを、2つのフライドチキン・パテの間にはさみ込んだ。

「マックアラビア・チキン」(アラブ諸国とパキスタン)

2つのグリルドチキン・パテが、レタス、トマト、玉ねぎ、ガーリックソースと一緒にピタの中に。

バーガーキングの「サンドイッチ・ナゲット」(イスラエル、ニュージーランド)

おなじみのひと口サイズのナゲットが、シャキシャキレタスとマヨネーズとともにごま入りパンにはさまっている。

「チキンマクド&スパゲッティ」(フィリピン)

並のセットではない。フライドチキン・ドラムスティックが、肉入りのトマトソース・スパゲッティとともに提供される。

マクドナルドの「チリ・チーズ・バイト」(ヨーロッパの国々)

とろけるチーズとホンジュラス産のスパイシー・ハラペーニョが入った、ひと口サイズのナゲット。6個、9個、20個のオーダーが可能。

マクドナルドの「ラズベリーパイ」(ハンガリー)

ラズベリーとクリームがいっぱい入った温かいチョコレート菓子。

KFCの「ツイスター・ウェッジ」(ロシア)

ハッシュドポテト、チーズ、レタス、トマトを、油で揚げたトルティーヤで巻いたラップサンド。

マクドナルドの「Burbur Ayam McD」(マレーシア)

マレーシア定番料理を応用したメニュー。玉ねぎ、生姜、エシャロット、唐辛子がトッピングされたチキンのおかゆ。

KFCの「チッザ」(シンガポール)

KFCの新しいチッザは、フライドチキンの上にトマトソース、ハム、パイナップル、モッツァレラチーズがトッピングされる。その上から、KFCお得意のチーズソースをたらり。

1/2ページ

最終更新:3/26(日) 20:10
BUSINESS INSIDER JAPAN