ここから本文です

ウエディングプランナーが暴露! クレイジーな結婚式物語

3/26(日) 22:40配信

ELLE ONLINE

人生最良の日でも起きてしまう珍事件

結婚式はカップルにとって最も幸せな1日。でもそれがハプニングに満ちた1日になりがちなのは、ロマンティックコメディ映画を見ていても、実際に結婚式に出席していてもわかるものですよね。

今回は実際に存在したハチャメチャな新郎新婦の中から、特に凄まじいカップルのエピソードをピックアップ。ウエディングプランナーたちが暴露する話には驚きが満載、新郎新婦のために日々頑張っているプランナーたちをリスペクトしてしまうはず。

エピソード1

話してくれたのはハンサムでストレートな男性ウエディングプランナー。彼はウエディングドレスから音楽や花に至るまで、花嫁の好みを完璧に実現する超優秀なプランナーだったそう。
ある日、数日後に結婚式を控えた花嫁から彼の元に一本の電話が。なんと「結婚できない」と言いだしたとか! 以下その会話を再現すると……

花嫁:「もう彼とは結婚できない。愛していないから。他の人を好きになってしまったの」

プランナー:「他の人を好きになったってどういうことですか!? 結婚式は5日後なんですよ!」

花嫁:「でも……あなたを好きになってしまったの。あなたは私のすべてを理解してくれてるから。あなたみたいな男の人には会ったことがない!」

プランナー:「あなたのすべてを理解するのに、ご両親がいくら払ったかわかっているんですか?」

これを聞いた花嫁は5日後に無事結婚。この話を持ち出すことは2度となかったそう。

エピソード2

舞台はアメリカ・マサチューセッツ州の美しい南海岸で行われた結婚式。アウトドアで式を挙げる花嫁は、自分と花婿で海を独り占めしたいと言いだしたとか! 彼女は招待客全員に「私への敬意の証として、式の間は後ろを向いていること!」と命令したそう。

エピソード3

ある花婿はウエディングフォトグラファーの顔面にパンチをお見舞い。理由は「花嫁の写真を撮りすぎるから」。嫉妬? それとも自分も撮って欲しかった?

エピソード4

ケイタリング業者が用意してくれた食事を大絶賛していた花嫁。でも翌日、アメリカのレストラン評価サイト「Yelp(イェルプ)」にひどいレビューを書き込んだそう。さらに「料金をサービスしてくれたら削除してあげる」とプランナーを脅迫したとか!

1/2ページ

最終更新:3/26(日) 22:40
ELLE ONLINE