ここから本文です

日本が決勝でタイを下して大会連覇 [U16国別対抗テニス最終予選]

3/26(日) 11:00配信

THE TENNIS DAILY

「ジュニアフェドカップ アジア/オセアニア最終予選(女子16才以下 国別対抗戦)」(インド・ニューデリー/3月20~25日/ハードコート)は最終日を迎え、決勝トーナメントの決勝などが行われた。

 決勝に進出していた第1シードの日本は第2シードのタイ(グループB・1位)を2-0で下して大会連覇を達成し、世界大会にアジア・オセアニア地区1位で出場することが決まった。

 この大会の上位進出国(出場枠は3ヵ国)はジュニアフェド杯決勝大会への出場権を獲得する。昨年は男子(ジュニアデビスカップ)が準優勝、女子は優勝を果たし、男女揃って世界大会に進出した。先に行われた男子(3月12~18日)は優勝を飾り、決勝大会出場を決めていた。

※国名の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

ジュニアフェドカップ 女子日本代表
監督◎中山芳徳
選手◎内藤祐希(TEAM YONEZAWA)、佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)、坂詰姫野(エストテニスクラブ)

<決勝トーナメント結果>

【決勝】

○1日本[1](グループA・1位)2-0 ○8タイ[2](グループB・1位)

S2 ○佐藤 6-4 6-0 ●NAPATT NIRUNDORN
S1 ○内藤 6-3 6-4 ●THASAPORN NAKLO
D 内藤/佐藤 Not played NAKLO/NIRUNDORN

--------------------

【3-4位決定戦】

○1台湾[3](グループD・1位)2-1 ●2オーストラリア[4](グループC・1位)

--------------------

【5-6位決定戦】

○香港[7](グループC・2位)2-1 ●4中国(グループA・2位)

--------------------

【7-8位決定戦】

○1ニュージーランド[5](グループB・2位)2-0 ●3ウズベキスタン[8](グループD・2位)

     ◇   ◇   ◇

◎最終順位
1位 日本
2位 タイ
3位 台湾
4位 オーストラリア
5位 香港
6位 中国
7位 ニュージーランド
8位 ウズベキスタン
9位 韓国
10位 インドネシア
11位 インド
12位 マレーシア
13位 パシフィック・オセアニア
14位 カザフスタン
15位 キルギス
16位 スリランカ

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:3/28(火) 21:02
THE TENNIS DAILY