ここから本文です

【森友問題】“籠池砲”昭恵夫人を狙い撃ち 「籠池氏と安倍総理夫妻の関係の深さを伺わせる」

3/26(日) 16:24配信

AbemaTIMES

 森友学園の籠池泰典氏が23日、国会の証人喚問に出席。数々の証言を行った。

 籠池氏は「9月5日昭恵夫人は講演の控え室として利用して頂いた園長室で、私と対面して頂いた時、同行していたお付きの方に席を外すようにおっしゃった後、私と2人きりの状態で『どうぞ安倍晋三からです』というふうにおっしゃって、寄付金として封筒に入った100万円をくださいました」と証言。

 民進党の枝野幸男衆議院議員の質問に対しては「(人払いをしたのは)昭恵夫人でございます」「事実は小説より奇なりであります。私が申し上げていることが正しゅうございます」と証言。

 同じ日に昭恵夫人はFacebookに「私は籠池さんに100万円の寄付金をお渡ししたことも講演料を頂いたこともありません」「秘書に席を外してほしいというようなことは言いませんし、そのようなことは行いません」と投稿し、疑惑を否定。

 安倍総理も24日に国会で「本質的な問題ではないが、100万円の問題などについて、密室でのやり取りなど反証できない事柄を並べたて、事実と反することが述べられたことは誠に遺憾」と全面否定した。

 社民党の福島瑞穂参議院議員は「私は政治の私物化だと思っている。よってたかって塚本幼稚園と瑞穂の国記念小学院を応援していたけれども、この問題が発覚して、自分たちは知らなかったとシラをきっているというのが、全体の構造ではないか」「現地に行ったが、豊中市が買った隣の敷地はゴミ付きで14億円、こちら側がタダ同然だから、やっぱりおかしい」とコメント。

 民進党の杉尾秀哉参議院議員は「この(密室でのやり取りの)証明は難しいですね」「100万円の話は刑事事件ということでは全くないが、道義的な問題も含めて、森友学園の籠池氏と安倍総理ご夫妻との関係の深さを伺わせる重要なエピソードだと思う」とコメント。

 福島議員は「安倍総理自身が寄付をやったこともなければ、講演料をもらったこともないと言い切っている」「土地の売却や認可の問題がもっと大きいと思うが、私か妻が関与していたら総理大臣も国会議員も辞めると言っているのだから、関与(の有無)は重要」と指摘。

 日本維新の会の足立康史衆議院議員は「安倍総理も稲田防衛大臣も、もうちょっと丁寧に答弁していたら良かった。全然そのようなことはないと言い切るので、後でひっくり返ってしまう。そこは脇が甘いと思う。でも元々は大した話ではない」とコメント。

 福島氏は「私はゴミが8億円分本当にあったのか相当疑わしいと思っている」「海外のメディアは、教育勅語をやったりする“えっ”と思うような学校に対して総理大臣が肩入れしているのは良いのか、という報道が多い」とコメント。

 足立氏は「松井知事は『安倍さんがちょっと悪い』と。安倍さんの何が悪かったというと、忖度はなかったと、自分たち安倍夫妻に財務省が忖度しないと答弁している。しかし、普通はするよと」とコメント。

 籠池氏の証人喚問で波紋はさらに広がった。真相究明が求められる。(AbemaTV/みのもんたのよるバズ!より)

最終更新:3/26(日) 16:24
AbemaTIMES