ここから本文です

【F1分析】「揺れ動く……」ハースが”可動Tウイング”解決に応急処置を講じる

3/26(日) 12:31配信

motorsport.com 日本版

 F1開幕戦オーストラリアGPのフリー走行1回目。国際映像のスロー映像には、ハースのVF-17に取り付けられたTウイングが大きく動いているシーンが多く映し出された。これを見たFIAは、このデバイスを問題視。安全面でのリスクがあると考えられたため、フリー走行2回目までに取り外すことを指示された。

【ギャラリー】F1オーストラリアGP予選日の様子

 実はバルセロナテストの際にも、ハースのTウイングは大きく動いているのが目撃されており、こうなることは事前にある程度予想されていた。

 オーストラリアGPの金曜日午後以降、Tウイングを取り外して走行しているハースだが、その空力的なメリットを把握しているため、できるだけ早くこのデバイスを復活させたいと考えている。

 そのためチームは、シャークフィンの両側にカーボンファイバーを貼り付け、補強する対策を早々に行った(写真中、青い矢印で示したモノ)。これにより、Tウイングが存在することによって曲がってしまう構造を制限し、まっすぐに保つことが目指されている。

Giorgio Piola, Matt Somerfield