ここから本文です

フランス代表に招集されないベンゼマが不満を吐露「きちんと説明してほしい」

3/26(日) 14:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

まだ諦めていないと語る

「自分が代表に呼ばれないのはアンフェアだ」。レアル・マドリードでプレイするフランス人FWカリム・ベンゼマは、現在の状況をそのように語っている。

同胞のマテュー・ヴァルブエナに対する脅迫容疑により、ディディエ・デシャン率いるフランス代表から半ば追放された状態が続いているベンゼマだが、クラブでは相変わらずハイレベルなパフォーマンスを披露。本人はいかなる説明も受けていない現在の扱いに大きな不満を抱いているようだ。『Reuters』が伝えている。

「僕はなんの説明すらも受けていない今の状況がアンフェアだと感じているよ。僕も1人の男だ。自分がフランス代表の一員になれない理由をきちんと説明してほしいね。監督との信頼関係を求めているだけさ。彼がどんな風に思っているのかを知りたい。もちろん僕はそれを受け入れる必要があるよ」

彼の心にはまだ代表への熱い想いがあるようだ。

「僕は諦めていない。フランス代表で僕がやれることはまだたくさんある。大きなクラブでプレイしながら、代表に招集されないというのはとても辛いね。サッカーが好きだし、ビッグマッチに出たい。代表チームではそれができるんだよ」

http://www.theworldmagazine.jp