ここから本文です

健大高崎-福井工大福井戦も15回引き分け 2試合連続再試合で日程再変更

3/26(日) 18:52配信

ベースボールキング

【第89回選抜野球大会】
高崎健康福祉大高崎 7 - 7 福井工大福井
<3月26日 2回戦>

 8強入りをかけた高崎健康福祉大高崎(群馬)と福井工大福井の一戦は、7-7のまま延長15回が終了し、大会規定により引き分け再試合となった。この日は第2試合の福岡大大濠-滋賀学園戦も1-1の延長15回引き分け。2試合連続の引き分け再試合は、夏の選手権も含め甲子園史上初の珍事となった。

 健大高崎は2回、二死一、二塁の好機を作ると、2番小野寺が2点三塁打を放ち先制。さらに、3番安里が適時内野安打、4番山下も適時三塁打で続き、上位打線の3連打で一気に4点を奪った。

 その後、6-7と試合をひっくり返されたが、1点ビハインドの9回に二死二、三塁の好機を作ると、打者・安藤の打席で、二塁走者の安里が相手投手・摺石が二塁けん制に引っ掛かった。だが、その間に三塁走者の小野寺が判断よく本塁生還。これが結果的にダブルスティールとなり、自慢の機動力で同点に追いついた。

 福井工大福井は4点を追う5回、二死満塁の好機で、5番鳥谷が走者一掃の適時三塁打を放ち1点差。3-5となった6回にも3番井上が満塁から走者一掃の適時二塁打を放ち、一気に試合をひっくり返した。

 しかし、7-6で迎えた9回、健大高崎の足攻めを防げず試合は振り出しに。延長突入後は、両チームの投手陣が踏ん張り、7-7のまま15回が終了した。

 2戦連続再試合の事態に合わせ、第3試合試合終了後に日程の再変更が発表された。第2試合終了後に、福岡大大濠-滋賀学園の再試合は一旦27日の第4試合に組み込まれていたが、第3試合の引き分けを受け、福岡大大濠-滋賀学園、健大高崎-福井工大福井の2試合とも、28日に行われることが決まった。

 よって27日は、当初の予定通り3試合のみが行われることに。改めて発表された日程は以下の通り。

●3月27日(2回戦)
第1試合:秀岳館(熊本)- 作新学院(栃木)
第2試合:東海大福岡 - 早稲田実(東京)
第3試合:静岡 - 大阪桐蔭

●3月28日(2回戦※再試合)
第1試合:福岡大大濠 - 滋賀学園
第2試合:高崎健康福祉大高崎(群馬)- 福井工大福井

BASEBALL KING