ここから本文です

自宅は複数持つ時代? 不動産投資のすすめ

3/27(月) 16:40配信

ZUU online

家を買うべきかどうか。これは誰しもが迷う選択肢でしょう。一人暮らしやDINKSの家庭であれば、今後のライフプランを考慮して、まだ家を買うのは早いと思われる方もいるかもしれません。つまり、賃貸で住む選択肢をする方が多いのではないでしょうか。

こうしたニーズを汲み取りつつ、家を購入するかどうかを検討していくと、どのようなことが考えられるでしょうか。自宅は複数持つという選択肢もあることを解説していきたいと思います。

■ライフプランに合わせて自宅を購入していく

ライフプランに合わせて自宅を購入することは、何ら不思議なことではありません。家は資産として残ることから、資産の一部として購入するという発想も可能です。

例えば、一人暮らしの方が家を購入するとなると、ワンルームや1LDKが中心となることでしょう。夫婦二人暮らしであっても、1LDKや2DKなどが購入の候補に挙がってくるでしょう。一般的に一人暮らしや夫婦二人暮らしの場合、賃貸の方が負担がかからないといえますが、長期的に住むとなると支払う家賃も高額になります。この支払う家賃がもったいないと考える場合には、購入したほうがよいという結論になります。

それでは、結婚や子どもが生まれた場合に備えて広めの家を購入するという選択は、どうなのでしょうか。ライフプランはその時々の状況により変わり、また広めの家を購入するということはそれだけ負担もかさむことになります。そのため、その時々の状況にあわせたプランを検討したほうが望ましく、あらかじめ広めの家を買うよりは、現状にあったプランを検討したほうが適切だといえます。

■住み替えを実施していく

それでは、その後結婚、子どもが生まれるということが実際に起き得る状況になった場合には、どう対応していけばいいのでしょうか。

この場合には、購入した自宅を賃貸に出します。こうすることで住宅ローンの返済を自分の稼ぎからまかなっていたものを、家賃収入からまかなうことが可能となります。また、返済が終わっていれば、家賃収入を継続的に受け取ることが可能となります。自宅が資産となるだけではなく、収益源へと変化させることができるわけです。

そして、その時々にあった適切な広さの家を購入します。以前住んでいた家の家賃収入をもとにローン返済にまわすといったことも検討できます。また、住宅ローン控除など税制優遇措置もうまく利用することで、購入メリットを最大限発揮させるのです。

もし子どもが成長し、家から出ていくといったことになった場合には、再度家を購入しなおし、住んでいた家を賃貸に出すことを再度検討します。こうしたライフステージに合わせて住む家を貸すサイクルが出来あがれば、資産として不動産を所有でき、かつ家賃収入も受け取ることができるようになります。そして、新しい自宅を持つことも可能になります。

自宅は賃貸でという発想だと、家賃は支払い続ける一方で住む家という資産を所有することは遠い将来となってしまう恐れがあります。資産として持つことができることは、購入することのメリットです。しかも継続して家賃収入を得ることができれば、負担を感じるどころか収益を生み出しライフプランもより豊かなものになります。

自宅はライフステージによって変えるのはもちろんですが、複数所有しそれをうまく投資として利用することもこれからは考えるべき時代でしょう。こうすることで普段の生活費のカバーや年金以外の老後資金にも利用でき、未来を明るいものへと変えてくれることにもつながるかもしれません。(提供:不動産投資セミナー)

最終更新:3/27(月) 16:40
ZUU online