ここから本文です

ビートたけし、中堅芸人に同情 現状を憂う「実力が飛び抜けてもスターが生まれない」

オリコン 3/29(水) 19:00配信

 タレントのビートたけし(70)が28日、都内で行われたフジテレビ系『ビートたけしの私が嫉妬したスゴい人』(4月6日 後9:00~)収録後の取材会に出席。共演した劇団ひとり(40)から“嫉妬する人”として羨望の眼差しを受けたたけしは、中堅芸人の現状を例に挙げ、テレビを中心としたお笑い界の現状を憂いた。

【全身ショット】黒のひざ上ワンピで抜群のスタイルを披露したカトパン

 芸能界、スポーツ界など各分野で活躍する一流の著名人が嫉妬するほど尊敬する人を告白していく同番組。ひとりは「僕は昔の映像で30代頃のたけしさんを見て嫉妬しましたね、これで(今の自分より)年下かと…」と告白。さらに「『ひょうきん族』って番組自体にに嫉妬してた。お笑いのギラギラした人たちが集まって、テレビがノリにノってる時代。憧れや嫉妬が入り混じった思いはある」と歯がゆい表情を浮かべた。

 それに対し「ありがとね」とほほ笑んだたけしは、ひとりをはじめ、さまぁ~ず、雨上がり決死隊、バナナマンら人気者がひしめく中堅芸人についてコメントを求められると「数が多すぎるよね。我々の漫才ブームの時は6組くらいで勝った負けたをしてた」と、競争率の高さに同情しているようだ。

 娯楽の多様化が進み、若者のテレビ離れが叫ばれて久しい。たけしは「お笑いをやる十分な時間を与えられてない」とお笑い番組の規模縮小を嘆き「『ひょうきん族』でも大したボケじゃないのに2000万円くらいのセットを一瞬で破壊してたりしたもん」と仰天秘話を披露。現在とのギャップにひとりも驚愕していた。

 「今は、実力がいくら飛び抜けてもスターが出にくい時代だよね」。そうポツリと漏らしたたけしは「俺らは運がいい」と笑い飛ばしていた。番組にはそのほか、加藤綾子、永野芽郁、YOU、横澤夏子、水道橋博士、伊集院光らが出演する。

最終更新:3/29(水) 20:11

オリコン