ここから本文です

パラ5連覇を見据えるブラジルが優勝!「3年後の2020が楽しみ」 ブラインドサッカークラブチーム選手権2017

3/27(月) 17:42配信

カンパラプレス

「KPMG カップ ブラインドサッカークラブチーム選手権2017」が3 月25日から2日間にわたり、富士通スタジアム川崎(神奈川県川崎市)をメイン会場に開催され、26日の決勝戦でブラジル代表がたまハッサーズ(東京)を2-0で下し、優勝した。ブラジル代表の大会参加は2回目で、初参戦だった2013年にも頂点に立っている。

 大会は、ブラインドサッカーの地域リーグ(東日本・西日本・北日本エリア)上位チームなど6チームと海外招待チームを加えた7チームによるトーナメント戦で行われ、今年は昨年のリオ大会も含めたパラリンピック4連覇中で現世界ランク1位の王者、ブラジル代表チームが招聘された。ブラジル代表は3月20日に行われた国際親善試合、「さいたま市ノーマライゼーションカップ」でも、日本代表と戦って4-1で勝利している。

 決勝戦は雨が一日中降り続き、ピッチコンディションも悪い中で行われたが、速いドリブルや精度の高いパスなど攻撃力を誇るブラジルに対し、たまハッサーズも徹底した守備からカウンターを狙っていった。

 両チーム無得点のまま終わるかと思われた前半終了間際の25分に試合は動く。ブラジルのエース、ハイムンド・メンデスがゴール右斜めから強烈なシュートを放ち先制。後半はハッサーズも、日本代表のエースでもある、黒田智成のドリブル突破などでブラジルゴールに迫ったが、固い壁をなかなかこじ開けられない。逆に残り2分を切ったところで、チアゴ・ダ・シウヴァにダメ押しの追加点を奪われた。

 先制点を挙げ、大会MVPにも選出されたブラジル代表のエース、ハイムンド・メンデスは、「フィジカル的にもテクニック的にも均衡し、難しい試合でしたが、自分も得点を決められたし、勝ててよかったです。ブラジル代表には『常に勝たなければならない』という使命があります。僕はゴールすることが大好きなので、ストライカーとしてチームに貢献することだけを考えてプレイしています」と笑顔で話した。

 また、ブラジル代表のジョジナウド・ソウザ監督は、2020年東京パラリンピックでの5連覇も見据え、今回の日本遠征では若手の強化も目的の一つだったと話した。「日本代表については2014年の世界選手権で見たときに比べ、特に攻撃面で大きな成長を感じました。また、今大会で対戦した2つのクラブチームも素晴らしく、いい試合ができました。2020年も楽しみにしています」とコメントした。

 一方、惜しくも準優勝に終わった、たまハッサーズのエース黒田は試合後、「(世界一の)ブラジルと戦えるのは大きなチャンス。守備を固めてゼロ(点)で抑え、カウンターで得点をとり、勝ちに行く戦略でした。でも、ブロックをしっかりつくって守っても、ブラジルはボールを回し、ブロックをこじ開ける技術があって、すばらしかった。ハッサーズも、ブラジル選手をかわしたり、ボールを奪ったりと対等に渡り合えた部分もあって、チームとして手応えも感じられました。僕にも(得点の)チャンスがあったのですが、ゴールを決めきれなかったのは今後の課題」と奮起を誓っていた。

 3位決定戦は、大会3連覇を狙いながら準決勝でブラジルに0-1で敗れたAvanzareつくばと、地域リーグでは上位に入れず今大会の予選会から勝ち上がった埼玉T.Wingsが対戦した。雨中の熱戦が繰り広げられたが、Avanzareがエース川村怜の挙げた1点を守り切り、1-0で表彰台を死守した。

 値千金のゴールを決めた川村は、「かなりヒヤヒヤしたが、この(悪)コンディションでゴールを決め、勝ちきれてよかった」とホッとした表情を見せた。また、準決勝で善戦しながらも終盤、メンデスに得点され、金星を逃したブラジル戦を振り返り、「球際の強さや決定力、ここぞという局面でギアを何段階も上げられるのはさすが、王者ブラジルだなと思いました。残り時間の少ないなかで決めきる凄さは勝者のメンタリティ。自分もゴール前で怖い存在になりたい」と、日本代表のエースとしても大いに刺激を受けたようだった。

 なお、黒田も言うように、このクラブチーム選手権大会は2012年から海外招待チームを加えて行われており、日本国内リーグを戦うクラブチームが海外強豪国と対戦でき、日本代表選手以外の選手にとっても「世界レベル」を体感できる有意義な機会だ。もちろん、観客にとっても好プレイを間近に見られる貴重な大会でもある。過去にはスペイン代表、ドイツ代表、コロンビア代表、韓国代表も参加している。来年はどのチームが招待されるかは未定だが、ハイレベルな戦いがまた見られることを、今から心待ちにしたい。

取材・文:星野恭子

最終更新:7/14(金) 19:39
カンパラプレス