ここから本文です

「子どもの頃にやっておけばよかった……」と後悔することは?

3/27(月) 11:37配信

TOKYO FM+

なんにも考えずに過ごした子ども時代。今になって、あ~、アレやっときゃよかった!と思うことってありますよね。そんなヤットキャヨカッタ大後悔時代に突入したオトナたちの声を聞いてみると……? TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」の3月22日の生放送では、パーソナリティをつとめる、たかみなが、「『子どもの頃にやっておけばよかった……』と後悔することは?」に寄せられたエピソードに答えてくれました。

英会話にサッカーにピアノ。子ども時代にやっておけばよかったと思うことってたくさんありますよね。あのときにやっておけば、今の自分はワンランクアップしていたかも、みたいな。まあ、今となっては遅いんですけどね……。ああ、やっときゃよかった!

「しいていえば英語。中1のとき、カセットテープで聴く英語の教材ボックスが流行っていた時代に、親に与えられたものの、聴いたのは最初の2~3本だけ。確か50本ぐらいのセットになっていたと思うけど、『マイネームイズ、タロー』『アイム、ファイン、サンキュー』みたいな、田舎では全く必要のない日常会話だったので、そのまま放置した」(40代・男性)

あるあるあるある!!!! 日本人の大後悔のトップスリーに入る英語。しかし、これだけ巷に英会話教材が溢れてるのに、どうして日本人は英会話がヘタと言われ続けるんでしょうか? ホワイ、ジャパニーズピーポー!? 英語に限らず、勉強に関する後悔は多い模様です。

「国語や算数は成績が良かったのに、社会や理科が苦手でした。特に歴史もの。だから今も時代劇や大河ドラマが苦手で、武将の名前がゴチャゴチャして集中して楽しめません。当時のツケが今きています」(40代・女性)

「外国人の友達と接することが多くなり、日本のことを説明できない自分が恥ずかしい。もっと日本史とか日本の政治を知っておけばよかったと本当に思う。外国人のほうが日本に詳しいって……」(20代・男性)

一方、子ども時代にちゃんと遊んでおけばよかった、自由に過ごせばよかったという意見も。

「週に5日も塾で、残りの2日は別の習い事をしてたので、友達と遊んだりできなかった。もっと空っぽになれる時間を小学生のときに過ごせばよかったな。大きくなってからは、できないから」(20代・女性)

「大声を上げる! 全力で走る! ああ、やりたい! 今じゃ体がついていかない(苦笑)」(30代・男性)

「自由な感性。昔は今のように、観たり聴いたりして育む感性はお金がないと限界があったから。最近の子どもたちはネットなどで、グローバルに興味を広げることができる環境があってうらやましい」(50代・男性)

モテは小学生時代の過し方にあり!? モテるための努力をしておけばよかった、という人も。

「成長期の運動とカルシウム摂取。中学時代、帰宅部で駄菓子ばかり食べていた俺と、サッカー部でがんばっていた親友は、高校時代に大きく差が開いた。モテキは中1から始まる物語を男子に教えてあげたい。え、もう知ってる?」(30代・男性)

「マセてる子は、早くから可愛く見せるキメ顔を知っていた。田舎のどろんこ少女だった私は、写真を撮ったり撮られたりする機会もあまりなく……。大学デビューじゃ遅いんだよね。ハア~」(20代・女性)

この写真の意見について、たかみなは「なんかこれイマドキの悩みじゃないですか。私は今年26歳ですけど、私が10代の頃は、携帯で写メを撮って、みたいな文化はまだそんなに流行ってなかったから。今ってみんな、可愛く撮れる方法をわかってるじゃないですか。あれはね、うらやましいですよね」とコメント。時代によって、やっときゃよかったことも変わるんですね。

「3歳ぐらいからミュージシャンの英才教育をしてもらっていたら、たぶん今、俺はモテモテだったはず……というような妄想を、職種を変えて毎日しています」(30代・男性)

こんな異色の回答も上がっております。

「子どもの頃にやりたかったことは、猫道を歩くこと。親が厳しいのと、自分がビビリなので、どうしてもよその家の隙間を通ることができなかった。でも、ブロック塀を登ったり、人の家の庭を通り抜けたりする夢を今でも見る。やりたかったなあ。今やったら不審者だけど」(40代・男性)

「アメリカ映画でよく見た、バケツサイズのアイスクリームや特大サイズのハンバーガーの一気食い。『ヘンゼルとグレーテル』のお菓子の家にも本気で憧れました。でもあれは、子どもだから楽しいんですよね。今は想像しただけで、胸焼けが……」(30代・女性)

こちらの食べ物の後悔ネタについて、たかみなは、しみじみと「う~ん、確かに……私も、もうそんなにカルビは食べられない。カルビを若いときにたらふく食べておけばよかったって思います。今は、なるべくハラミとかタンとか、ちょっとさっぱりしたものを食べたくなりますよね(笑)」とコメント。若いときだから、たくさん食べられた物ってあるんだよなあ。

最後は定番の孝行ネタですよ。

「サッカー教室のために、毎週スタミナ弁当を作ってくれたおふくろに、もっと嬉しそうな顔を見せてあげればよかった。今思えば、食費も大変だったよな」(30代・男性)

「おじいちゃん、おばあちゃん孝行。中学生に入って社会を知ると、そちらが優先になってしまい、祖父母との時間が少なくなり、今となっては貴重な時間に限りがあったことを知らされます。今、元気でいる両親にも、孝行できるときにしておきたいと思います」(40代・女性)

後悔、先に立たず! 今からでも悔いのないように毎日を過ごしましょう!

(TOKYO FM「高橋みなみの『これから、何する?』」)

文/ガンガーラ田津美

最終更新:3/27(月) 11:52
TOKYO FM+