ここから本文です

COURSE50、CO2排出量 3割削減に前進 基盤技術の確立にめど

3/27(月) 11:51配信

日刊産業新聞

 NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)と日本鉄鋼連盟は24日、製鉄プロセスでのCO2(二酸化炭素)排出量の抜本的削減向けて取り組んでいる国家プロジェクト「環境調和型製鉄プロセス技術開発・COURSE(コース)50」について、試験高炉(炉容積12立方メートル、新日鉄住金・君津製鉄所構内)を使った実証試験で高炉からのCO2削減、高炉ガスからのCO2分離・回収技術の有効性を確認し、目標としているCO2排出量3割削減に前進したと発表した。昨年7月と今年2月の2回の試験操業で得られた知見などを踏まえたもので、還元剤に水素を使う水素還元製鉄法(削減目標は1割)と、高炉ガスからのCO2分離・回収技術(同2割)という基盤技術の確立にめどをつけた。

最終更新:3/27(月) 11:51
日刊産業新聞