ここから本文です

浦安市長に内田氏 初当選、投票率45・20%

3/27(月) 12:40配信

千葉日報オンライン

 松崎秀樹前市長の知事選出馬に伴う浦安市長選は26日、投開票され、新人で前県議の内田悦嗣氏(52)=自民、公明推薦=がいずれも新人で前市議の、折本ひとみ氏(59)と岡野純子氏(38)を破り、初当選を果たした。

 市長選の投票率は45・20%。現新3人が立候補し、過去最低だった前回の40・56%を4・64ポイント上回った。当日有権者数は13万2164人(男6万4659人、女6万7505人)。

 内田氏は、市職員、市議、県議と通算29年の実績を携え「市民目線で施策を見直す」と市政の刷新を強調。国会議員や地方議員と街頭に立って国や県とのパイプをアピールし、手堅く票を取り込んだ。

 4度目の挑戦となった折本氏は、音楽ホールの賃料問題などで前市政を批判。岡野氏は「松崎市政の継続」を掲げたが、いずれも十分に支持を広げられなかった。

 また、市議補選(欠員2)は、元職1、新人4の計5人で争われた。

◆浦安市長選開票結果=選管確定=

当27448 内田 悦嗣 52 無新(1)=自民、公明推薦=
 16312 折本ひとみ 59 無新
 14600 岡野 純子 38 無新

◆内田悦嗣氏の略歴

 会社役員、元県議、市議、市職員。国学院大法学部卒。堀江3。