ここから本文です

芸能リポーターが見た芸能人「アッと驚くスカウト」ランキング 1位は黒木メイサ

3/27(月) 12:34配信

AbemaTIMES

 芸能ニュース番組『芸能マル秘チャンネル』で、芸能リポーターの長谷川まさ子氏が、「原宿を歩いていてスカウト」などのスタンダードではない、アッと驚くようなスカウトを経て芸能界入りした芸能人のランキングを発表した。

・3位 鈴木奈々
 長谷川氏によると、タレントの鈴木奈々(28)は、モデルの益若つばさ(31)の大ファンで、追っかけをしていたという。デビューのきっかけは、「(益若がモデルを務める雑誌)『Popteen』の握手会があったとき、(鈴木が)行っていたんです。握手会のときに『Popteen』スタッフに『あの子使ってみたら?』って益若さんが言ったんです。それで編集者の人が声をかけて、結果的に彼女は『Popteen』に出ることになった」と、益若の“ひと言”による芸能界入りが決まったという。この大抜擢のおかげで、今やバラエティに欠かせないタレントとなった。

・2位 瀬戸朝香
 女優の瀬戸朝香(40)は愛知県瀬戸市出身。地方出身の瀬戸がデビューしたきっかけは、瀬戸の事務所の社長がまだマネージャー業務をしていたとき、地方の中学校や小学校の周辺で「あなたの周りにかわいい子いない?」と聞き込みをしていたことだという。長谷川氏によると、「聞き込みをしていると瀬戸さんの名前が挙がり、(マネージャー自身が)瀬戸さんの家を訪ねて行ったんです。ちょうどそのときに瀬戸さんしかいなかったみたいで、いきなり『写真撮らせてくれない?』って写真を撮って、あとからこういう者ですって説明して。それでもなかなか家族からOKが出なかったりしたけど、とにかく通いに通い、説得してデビューに至った」という。

 また、長谷川氏によると、瀬戸が主演したドラマの撮影で、生花店でロケをしていたとき、その店の息子が撮影を見学していたところ、瀬戸のマネージャーがその息子を見てスカウトしたという。それが、俳優の勝地涼(30)だという。

・1位 黒木メイサ
 長谷川氏によると、芸能事務所のスタッフが沖縄に行っていたとき、「かわいい子がいる」と声をかけたのが、女優の黒木メイサ(28)の姉だったという。「お姉さんが、メイサさんのプリクラを担当者に見せたところ、『この子に会いたい』となり、メイサさんのほうがデビューすることになった」という。

 姉妹でスカウトというのも多いそうで、女優の広瀬アリス(22)も、地元の静岡市で七夕祭りに行ったときにスカウトされたという。長谷川氏は「家族で事務所の人に会ったとき、事務所の人が妹のすずさんを見て『あなたも大きくなったらデビューしようね』って」と、女優の広瀬すず(18)が他の事務所に契約されないよう、青田買いしていたことを明かした。

 また、長谷川氏によると、女優の松岡茉優(22)も、妹が3歳のときに子役としてスカウトされ、母親とともに事務所に同行したときに「お姉ちゃんもデビューする?」と言われたことから芸能界入りしたという。

(AbemaTV/3月23日放送『芸能マル秘チャンネル』より)

最終更新:3/27(月) 12:34
AbemaTIMES