ここから本文です

【高校野球】大阪桐蔭、大接戦制して8強! 6点リード逆転されるも終盤に再逆転

3/27(月) 16:39配信

Full-Count

初回6-6の点の取り合い、終盤猛攻で逆転勝ち…2年ぶり8強進出

 第89回選抜高校野球大会は27日、2回戦で大阪桐蔭(大阪)が静岡(静岡)とのシーソーゲームを11-8で制し、2年ぶりの8強入りを決めた。

第89回センバツ高校野球 大会日程・結果一覧

 初回から、まさかの点の取り合いだった。

 先攻の大阪桐蔭は、安打と四球で無死一、二塁の好機を作ると、相手の失策で1点を先制。さらに1死満塁から5番・根尾の犠飛、山田、福井の連続タイムリー、9番・横川の2点打と打者一巡の猛攻で一挙6点を奪った。

 しかし、その裏、先発・横川が立ち上がりから捕まる。四球と失策で無死一、二塁のピンチを招くと、6安打で6点を失った。1イニング持たずに横川がKOされ、一気にリードをフイにすると、2回には3番手・徳山が1点を勝ち越され、あっという間に逆転された。

 徳山は以降、無失点と踏ん張ったが、四球と失策が絡み、追加点を献上。6-8とリードを2点に広げられた。

 だが、大阪桐蔭は終盤に底力を発揮する。先頭の根尾の左前打を口火に4安打で3点を奪い、逆転。9回にも3安打で2点を加え、11-8と3点リードした。

 その裏は超マルチプレーヤーとして注目を浴び、8回から登板していた根尾が最速145キロの直球で押して無失点に抑え、逃げ切った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:3/27(月) 16:55
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/21(木) 20:25