ここから本文です

木南晴夏、『貴族探偵』出演決定!武井咲と1年半ぶりの共演「今回は仲の良い役」

3/27(月) 17:00配信

クランクイン!

 嵐・相葉雅紀が主演のフジテレビ系の月9ドラマ『貴族探偵』(4月17日より放送開始)に、女優の木南晴夏が出演することが決定した。同じく出演が決まっている武井咲とは、TBS系のドラマ『せいせいするほど、愛してる』でドロドロの愛憎劇を共演して以来、一年ぶりの共演となる。

【関連】「木南晴夏」フォトギャラリー


 本作は、麻耶雄嵩氏による本格推理小説『貴族探偵』と続編の『貴族探偵対女探偵』を原作とした推理ドラマ。主人公が探偵を趣味としている貴族で、年齢、家族、学歴、住所、そして本名までも不明、さらには、まさか一切の推理を「雑事」と言い放ち、召使いに任せながら優雅に謎を解くという、探偵という存在の既成概念を打ち砕く前代未聞のミステリーとなっている。

 本ドラマで木南が演じるのは、玉村グループという日本有数の財閥の社長令嬢・玉村依子役。資産家であり、1話で発生する殺人事件も、依子の父が所有する山荘で起こる。もともと武井咲演じる新米探偵・高徳愛香が勤める喜多見切子探偵事務所は、クライアントとしてひいきにしており、愛香とも親交がある。

 竹を割ったような性格で、令嬢として品を持ちながら行動は非常に開放的。そんな依子は、レディーファーストで「美しい女性をもてなすのは貴族の嗜み」と公言する貴族探偵と相性抜群。事件が起き、愛香らが現場検証をしているのを尻目に、突如あらわれた貴族と会話を楽しみ、遊びに興じるうちに甘く焦がれるような感情を胸に抱くようになる。その一方で依子は、謎に包まれた貴族探偵のことを詳しく知っているような素振りを見せる時もある。

 木南は相場との共演について「お芝居は初めてで、すごく誰に対しても垣根がない、気さくな方なので、とてもやりやすいです」と安心して撮影に臨んでいる様子を明かす。また武井については「相対する役だった前回から、今回は武井さんが演じる愛香のことが大好きという仲の良い役ができて良かったな、と思います」と再度の共演を喜ぶ様子を見せている。

 月9ドラマ『貴族探偵』は4月17日よりフジテレビ系にて放送開始。

最終更新:3/27(月) 17:00
クランクイン!