ここから本文です

森川葵、自身を花に例える“鈴蘭”?「ここにいるぞ!って強く示す感じ」

3/27(月) 15:16配信

クランクイン!

 映画『花戦さ』の完成奉告イベントおよび合同記者会見が27日に京都府内で行われ、野村萬斎、森川葵、佐藤浩市が出席。本作の内容に絡めて、自身を花に喩えると「鈴蘭」と話した森川は、「時代劇だからってすごく構えていた」と撮影を振り返った。

【関連】『花戦さ』完成奉告&記者会見フォトギャラリー


 映画『花戦さ』は、花僧・池坊専好(野村)が、市井の人々と織りなす温かな人間模様と、悪政に走った豊臣秀吉を諭すために花戦さに挑む姿を描く痛快時代劇。天才絵師のれんを演じた森川は、自分を花に例えると何かという問いに「鈴蘭」と回答。その理由を「そんなに体も大きくないけれど、それでも『ここにいるぞ!』って強く示している感じ。でもなるべき主張し過ぎないようにしている感じとか。自分で鈴蘭て言うの、すごく恥ずかしいんですけど(笑)」と明かす。

 経験が少ない時代劇である本作では、野村の演技に学んだところが多かったという森川。「どう動いていいかもわからない状態でインした時に、萬斎さんの動きを横で見ていて、時代劇だからってすごく構えていたんですけど、別に構える必要なんてなくって」と撮影を述懐。「その時代に生きていた人たちだから、行動に対して何か意識を持って動いていたというわけではないということに気付いて。萬斎さんが演じる専好さんのおちゃめな姿とかを見て、何か時代劇だからっていうものに縛られずに、どんどん動いて行っていいものなんだなあとすごく感じました」とも振り返った。

 一方、主演の野村は「お隣の大阪で横暴に振るっていたお猿さんと戦い始めたり、その悪政が及んでくると悲劇的になりつつ、また跳ね返していくということになります。本当に笑って泣けて、最後は両方一緒になるみたいな、そんな感じの映画になるかと存じます」と作品の魅力をアピール。千利休を演じるにあたって、茶道の指導を受けた佐藤は「手元しか映っていませんけど、私がすべてやっていますから。それは劇場で確認していただきたいと思います」と話して笑いを誘っていた。

 映画『花戦さ』は6月3日より全国公開。

最終更新:3/27(月) 15:16
クランクイン!