ここから本文です

Google Site Searchが終了へ、サイト内検索は2018年までに他のサービスに乗り換えを

3/28(火) 11:06配信

Web担当者Forum

今日は、サイト内検索の話題を。グーグルは、サイト内検索サービスのGoogle Site Searchを2018年に終了することを決定しました。利用しているサイトは他のサービスへの移行が必要です。

 

Google Site Searchは2018年3月で提供終了、ただしGoogleカスタム検索エンジンは継続提供

Googleは、企業向けに有料で提供しているサイト内検索サービスの「Google Site Search」を終了することを決定しています。サービス提供は2018年3月31日までとされています。

そのため、サイト内検索にGoogle Site Searchを利用しているサイトでは、他のサイト内検索サービスへの移行が必要です。

グーグルは無料で利用できる「Googleカスタム検索エンジン」を提供していますが、こちらは2018年4月以降継続してサービスを提供するとのことです。

Googleカスタム検索エンジンとGoogle Site Searchは、どちらもグーグルの技術を利用したサイト内検索の機能を提供するサービスです。検索という観点ではほぼ同じ機能を提供しますし、検索結果ページのデザインなども比較的自由にカスタマイズできるのですが、次のような点で異なります。

・Google Site Searchは有料だが、Googleカスタム検索エンジンは無料
・Googleカスタム検索エンジンでは、検索結果ページにGoogleのロゴや検索連動型広告が表示される
・Google Site Searchではグーグルのカスタマーサポートを利用できる
・Google Site Searchでは検索結果のXMLフォーマットでの取得の機能が提供される

そのため、サイト内検索の検索結果ページでグーグルのブランド名が出ることに問題がない企業は、取り急ぎGoogleカスタム検索エンジンに移行することで、同様の機能を利用できます(営利企業でも利用は問題なし)。

ただし、サイト内検索結果ページを完全に自社のものとして表示し、グーグルのブランド名を出したくない企業は、他のサイト内検索サービスへの移行が必要になります。

 

1/2ページ

最終更新:3/28(火) 11:06
Web担当者Forum