ここから本文です

「凡人ユニットのぼんおどり 結婚ってなに?」結婚観を踊りで表現/秋田

3/28(火) 10:01配信

CNA秋田ケーブルテレビ

CNA秋田ケーブルテレビ

CNA秋田ケーブルテレビのエントランスにある美術展示スペース・BIYONG POINT(ビヨンポイント)で、展覧会「凡人ユニットのぼんおどり 結婚ってなに?」が開かれています。
この展示スペースは秋田公立美術大学のサテライトギャラリーで、秋田県内唯一のホワイトキューブ(現代美術の世界標準規格となる展示・体験スペース)として全面真っ白な空間が特徴です。

凡人ユニットは、秋田公立美術大学の助手を務める内田聖良(せいら)さんと、デザイナーの清水都花(ひろか)さんが、「凡人」でも楽しめる盆踊りを探るため結成したユニットです。
この展覧会では、「結婚」という言葉で一括りにされていた様々な人間関係の形を探り、発見された面白さや悲しみなど、様々なものを糧にして創作した「おどり」の映像や、秋田、東京、ドイツなどで行った「結婚観」に関するインタビューをまとめたものなどを展示しています。

凡人ユニットの2人は「当たり前になってしまった結婚という概念を改めていろいろな角度から見て、新しい視点で人との関係性や家族の在り方を発見していただきたい(内田さん)」「結婚観を言葉だけでなく体の動きで表すということで、違った視点で人の価値観を知ることができた。自分の結婚観について考えるきっかけになれば(清水さん)」と、展示についての思いを語りました。

会期:5月7日まで 午前9時~午後6時(入場無料)
場所:CNA本社内「秋田公立美術大学ギャラリー BIYONG POINT」(秋田県秋田市八橋南一丁目1-3)

CNA秋田ケーブルテレビ