ここから本文です

ロケ誘致54件と好調、経済効果も いすみ外房フィルムコミッション シンポで報告

3/28(火) 12:43配信

千葉日報オンライン

 千葉県の夷隅地域(勝浦市、いすみ市、大多喜町、御宿町)に映画やドラマなどのロケを誘致する団体「いすみ外房フィルムコミッション」(ISFC)のシンポジウムが、いすみ市内で開かれた。2015年11月から54件の撮影があり、好調な活動実績を報告した。

 シンポでは、これまでロケの問い合わせが170件あり決定率が32%と、他団体の平均決定率20%より高いことをアピール。大物俳優らが出演するCMやドラマ、映画の舞台になったことが紹介された。

 同市内では16年4~11月まで、弁当や宿泊、撮影協力費などロケによる経済効果は計約554万円あった。担当者は「直接的な経済効果をもっと呼び込みたい」と意気込み、「高齢者が楽しそうにエキストラ出演しており、福祉にもつながっている」と幅広い波及効果にも期待していた。

 ISFCは夷隅郡市2市2町で構成している。