ここから本文です

旅行業の倒産では戦後4番目の規模…「てるみくらぶ」の危機、2年前から前兆

3/28(火) 16:40配信

AbemaTIMES

 27日、格安海外ツアーで知られる旅行会社「てるみくらぶ」が東京地裁に破産を申請した。負債額は約150億円。旅行会社の倒産としてはリーマンショック後、最大の規模。9万人に上る可能性があるという旅行者への全額返済は厳しいとみられている。同社をめぐっては、24日頃から「航空券の発券システムが利用できない」「ホテルの予約がキャンセルされている」などの苦情が相次いでいた。
 
 山田千賀子社長は会見で「お客様をはじめ、関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございませんでした。皆様に深くお詫び申し上げます」と謝罪。

 観光庁には20件以上の相談が寄せられ、立ち入り調査の結果、現在、同社が主催するツアーを利用してハワイや韓国、イタリアなど38の国や地域に渡航しているのは約2500人だという。帰国便については航空券がすでに発行されているため問題はないとする一方、山田社長は「本日以降渡航されるご予定のお客様におかれましては、未払い債務を支払うことができないため、お客様がご利用できない可能性が極めて高い状態にあり、弊社としては渡航者の安全確保の観点から渡航されないことを強くおすすめさせて頂いております」と話した。

「昨年5月には支払いが遅れ、8月にはグアムの事務所を閉めたという話も出ていた」

 東京商工リサーチの友田信男・情報本部長は「旅行業の倒産でいうと、151億円という負債額は戦後の4番目の規模。旅行代理店はあまり倒産しないので、この業界ではかなり大きい問題と言って良い」と話す。

 同社は1998年の設立以降、格安旅行会社として成長。インターネットでの販売に影が見られたため、約2年前から新聞広告に力を入れ始めたというが、そうした広告費がかさみ、資金繰りがうまくいかなくなった結果、航空会社や宿泊先などの取引先に支払いができなくなったという。

 山田社長は会見で「本当に申し訳ないと思っておりますが、詐欺を働くとか、そういうことは毛頭考えておりません。23日の支払いの時間まで(未払い債務を支払う)努力をしましたが、結局届かず、どんどん悪くなってしまった」と説明した。

 友田氏は「一般的には企業が倒産する時には、事業を何とか盛り返そうとする一方で、最悪のことを想定して倒産の準備、法的な手続きの準備を進めるというのはよくある。今回は最後の最後で資金繰りがつかなかったので、破産を申請したのだと思う」と推測する。「同社は2年前から業績を公表しなくなっていた。昨年の5月には支払いが遅れたという話が出始め、8月にはグアムの事務所を閉めたという話も出ていた。おそらく、2年前から経営的には厳しくなっていたと思う」(友田氏)

 同社は先週火曜日の時点でもツアーの新聞広告を出していた。友田氏は「若いお客様を中心にインターネットで集めていた。中高年の方には馴染みが薄いかもしれないが、若い方の間での知名度は高い」と話す。一方、「人口減もあり、旅行業者は年々減っていて、1万社を切った。新聞中高年のお客さんを開拓しようとしていたのだと思う」とした。

 利用者への補償にについて友田氏は「JATA(一般社団法人日本旅行業協会)が補償するのが1億2千万円。一般のお客様に対する負債が100億円なので、戻ってくるのは1%程度ではないか」と話した。

1/2ページ

最終更新:3/28(火) 16:56
AbemaTIMES