ここから本文です

謙虚なカンテ、“年間ベスト”は自分以外を推薦「チェルシーで言えばアザールやジエゴ・コスタが相応しい」

3/28(火) 16:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

加入初年度から圧巻の仕事ぶり

イングランドのチェルシーでプレイするフランス代表MFエンゴロ・カンテが、今季のPFA年間最優秀選手賞について言及している。

昨夏にプレミアリーグ王者のレスターを離れ、アントニオ・コンテ監督率いるチェルシーへと加入したカンテ。圧倒的な運動量と抜群のボール奪取能力により、いまやチェルシーにおいても不可欠な戦力となった小柄なフランス人MFは、仏『Canal+』の取材に応じ、自身よりも“シーズンMVP”に適した選手がいるとして、同僚の名前を推薦した。

「僕よりもPFA年間最優秀選手賞を受賞すべきプレイヤーが、ここプレミアリーグには何人も存在するよ。例えばチェルシーから選ぶとすれば、エデン・アザールにジエゴ・コスタ、それにダビド・ルイス辺りが相応しいと思うね」

あくまで謙虚な姿勢を崩さないカンテだが、地元メディアの間では、彼が昨季に続き2年連続でベストイレブンに名を連ねる可能性が高いとされている。昨夏にはアーセナルやレアル・マドリードも獲得に動いていたというボールハンターは今、チェルシーで素晴らしい日々を過ごし、“ブルーズ”にとっては最高の補強だったと言えるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1