ここから本文です

アザールのレアル加入でBBCが解体!? 来季のチームの象徴は“2トップになったHBC“?

3/28(火) 21:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

BBCの誰かが犠牲に

チェルシーMFエデン・アザールのレアル・マドリード行きの話題が加速している。すでに代理人がレアル側と接触したとも伝えられており、GKティボ・クルトワとともにレアルへ向かうのではないかといった予測もある。仮にアザールがレアルに加入すれば攻撃力は大幅にアップするが、アザールをどうやって使うつもりだろうか。

謙虚なカンテ、“年間ベスト”は自分以外を推薦

現在アザールは主に左サイドでプレイしており、クリスティアーノ・ロナウドのスタートポジションと被る。レアルにはカリム・ベンゼマ、ガレス・ベイル、ロナウドのBBCが君臨しているため、アザールを3トップに組み込む場合は誰かがベンチに下がらなければならない。

すでにアザールとクルトワを組み込んだ来季の予想スタメンなども紹介されているが、英『Daily Mail』は中盤をダイヤモンド型にした[4-4-2]を提案している。このシステムではアンカーにカゼミーロ、その前にルカ・モドリッチとトニ・クロースが入り、そしてトップ下の位置にアザールが配置されることになっている。現在の中盤3人はそのまま保つことができるが、代わりにBBCの誰かが下がることになる。

犠牲となったのはベンゼマだ。同メディアは2トップをベイルとロナウドに組ませており、BBCではなくHBCのトリオで攻撃することになる。ポジション的にアザールはロナウドの後継者と言えるが、ロナウドとアザールを素直に入れ替えるのは難しい。少なくともロナウドがベンチに座ることはあり得ない選択肢で、レアルに加入した場合アザールは今と違うエリアでプレイすることになるだろう。

英『Daily Mirror』のおこなったアンケートでは実に55%の人が「アザールはレアルに合わない」と予想しており、タレントが揃いすぎるのも考え物だ。アザールはレアルでもスタメンを張るにふさわしい実力を持った選手だが、どこで起用すべきなのか。指揮官ジネディーヌ・ジダンは頭を悩ませることになるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1