ここから本文です

『LION/ライオン』ニコール・キッドマン、撮影ウラでも母の顔!特別映像解禁

3/28(火) 11:30配信

クランクイン!

 『英国王のスピーチ』の製作陣と、デヴ・パテル、ルーニー・マーラ、ニコール・キッドマンら豪華俳優陣で描いた映画 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』にて、少年サルー(サニー・パワール)の養母となるスー・ブライアリーを演じたニコールのインタビュー、メイキング、子役サニー・パワール君との感動シーンなどをまとめた特別映像が到着した。

【関連】「ニコール・キッドマン」フォトギャラリー


 本作は第89回アカデミー賞にて作品賞、助演男優賞(デヴ・パテル)、助演女優賞(ニコール・キッドマン)、撮影賞、脚色賞、作曲賞の計6部門にてノミネートされた話題作。インドのスラム街で、兄と遊んでいるうちに停車中の電車で眠り込んでしまった5歳のサルーは、遥か遠くの地に列車で運ばれ、そのまま迷子に。

 25年後、養子に出されたオーストラリアで成長したサルーは、人生の穴を埋めるため、家を探し始める。手がかりはおぼろげな記憶と、Google Earth。1歩近づくごとに少しずつ蘇る記憶のカケラは、彼の人生の穴を埋め、次第にこれまで見えなかった真実を浮かび上がらせていく。大いなる「探し物」の果てに、彼が見つけたものとは…

 ニコールは本作について「本当に実話なの?って驚いた。心を揺さぶられて、夢中になって脚本を読んだの」と語っており、その後ガース・デイヴィス監督と話し合い、同作への理解を深めていったと口にする。
 
 また公開された映像には、撮影の合間にニコールが子役のパワールを膝に乗せて子守りをする微笑ましい姿が映っており、撮影ウラでも母親の顔を覗かせていたようだ。ニコールは撮影前に役作りのために実際のスー・ブライアリーと長い時間を過ごし、「彼女(スー)は特別な人だと感じた、独特の視点で世界を見ているの、彼女を演じられてとても光栄だわ」と話す。また本作のテーマについて「この映画は産みの母と育ての母、両方の“母の力”を伝えている。母を必要とする子がいれば誰もが母になれるの」と明かしている。

 映画 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』は4月7日よりTOHOシネマズ みゆき座ほかにて全国公開。

最終更新:3/28(火) 11:30
クランクイン!