ここから本文です

自動車文庫に新車両 金沢で出発式、積載冊数が増加

3/28(火) 2:06配信

北國新聞社

 金沢市玉川図書館が運営する自動車文庫の車両が新調され、27日に運行が始まった。旧車両よりも積載できる本の冊数が増え、利便性が高まった。玉川こども図書館前で出発式が行われ、地元児童らが巡行の安全を願った。

 低床型トラックを改造した新車両は、旧車両よりも天井が高く、幅も広がり、以前より約500冊多い約3500冊を積めるようになった。式には長土塀児童クラブの24人が参加した。

 自動車文庫は、図書館が遠い地区など市内33カ所を巡回する。2000年から17年間利用された旧車両は日本外交協会を通じて、南アフリカ共和国に譲渡される見通しである。

北國新聞社

最終更新:3/28(火) 2:06
北國新聞社