ここから本文です

女性管理職、最高の9・8% 県人事異動、幹部候補も最多

3/28(火) 15:58配信

北國新聞社

 石川県は28日、4月1日付の定期人事異動を発表した。女性職員の登用をさらに進め、課参事以上の管理職には67人を起用、管理職に占める女性の比率は過去最高の9・8%(前年8・4%)に上昇した。将来の幹部候補となる総括補佐にはこれまでで最も多い6人(前年5人)、本庁グループリーダーも同じく過去最多の41人(同39人)を充てた。

 部局長では生活環境部長に女性が就き、部長、次長級の女性職員は1人増えて3人となる。

 新設する県民文化スポーツ部では、新図書館整備推進室に女性の専任室課長を置き、専任職員8人を配置する。関係部局の課長ら17人を兼務・併任させて県立図書館の建て替えを進める。競技力の向上などを担当するスポーツ振興課は専任15人の体制とする。

北國新聞社

最終更新:3/28(火) 15:58
北國新聞社