ここから本文です

ノンスタ石田、井上の代役仕事になげき「敗者復活でとった感じ」

3/30(木) 12:00配信

オリコン

 お笑いコンビ・NON STYLEの石田明が29日、都内で行われた“日本一かわいい女子高生”を決めるコンテスト『女子高生ミスコン2016-2017』の総合司会を、謹慎中の相方・井上裕介の代わりに務めた。

【動画】ノンスタ石田、審査協力のりゅうちぇるにタジタジ「ほんまいらん」

 グランプリは大阪府在住の高校2年生・船越雪乃(ふなこしゆきの=17)さんに決定。石田は「簡単に俺の年収を超えていくんやろな…」と羨望の眼差し。加えて「うちの事務所には入らないほうがいい。本当に(ギャラの)割合が悪いので」と“忠告”していた。

 そんな石田は今回、井上の不在で総合司会を務めたことを明かした。「もともと井上の仕事。去年は2人でやったんですけど、今年は井上単体の仕事。だから、僕は1回、クビになった」と自虐的に裏事情を語った。ところが昨年末に起こした接触事故で石田にお鉢が回ってきたという。「一旦、クビになったんですけど、井上がこういうことになったんで、俺がおまけで上がった。敗者復活で、こことった感じですね」と苦笑いだった。

 また、来年は2人で司会と問われると石田は「相方は、どうでしょうね。無理じゃないですかスポンサー的に」とニヤリ。「当分は無理。そんな甘やかしたらダメですよと」と突き放した。

 先日、久しぶりに直接会ったそうで、近況については「体重もあんまり変わってない感じで、アイツらしいなと思いました」と感想。石田は「今回の事件が起きたから好きじゃないんじゃなくて、もともと好きじゃない」と言いながらも最後まで愛情たっぷりに相方をいじり倒していた。

最終更新:4/20(木) 22:27
オリコン